ヘッドラインニュース

日本弁護士連合会 全国で「健食被害110番」 法改正の提言も視野

 日本弁護士連合会は、「健康食品・欠陥商品被害110番」を全国で実施、被害事例の収集に乗り出した。10日に長崎県弁護士会で開始したのを皮切りに、12日には各地の弁護士会が一斉に被害相談を受け付けた。(中略)12日までに行われた110番では、「ダイエット食品を継続的に服用したところ、胃の調子がおかしくなった」など、健康食品を摂取して体調が悪くなったとの被害事例が各地で複数聞かれた。→続きは「健康産業速報」第1043号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. オーストラリア健食市場、2ケタ成長で850億円に
  2. 自民党、改正特商法案「勧誘の意思確認」を努力規定に
  3. 厚労省、特別用途食品制度で通知
  4. 家計調査10月 健食支出、今年最高額に 3ヵ月連続で前年上回る
  5. 厚労省、アガリクス2品の安全性「問題なし」
  6. 厚労省 健康増進法・基本方針 「健康産業育成」盛り込む 健食が対…
  7. 菅俣粉体工業、50種類以上の有機JAS原料調達
  8. 全健協、収入大幅減で事業見直し
PAGE TOP