ヘッドラインニュース

日本弁護士連合会 全国で「健食被害110番」 法改正の提言も視野

 日本弁護士連合会は、「健康食品・欠陥商品被害110番」を全国で実施、被害事例の収集に乗り出した。10日に長崎県弁護士会で開始したのを皮切りに、12日には各地の弁護士会が一斉に被害相談を受け付けた。(中略)12日までに行われた110番では、「ダイエット食品を継続的に服用したところ、胃の調子がおかしくなった」など、健康食品を摂取して体調が悪くなったとの被害事例が各地で複数聞かれた。→続きは「健康産業速報」第1043号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 15年度売上高調査 健食3.6%増の1895億円
  2. アンチエイジング国際シンポ、「骨粗鬆症予防で抗動脈硬化」
  3. 地域健康商品の商談会、大阪で開催
  4. 「Mgがメタボリック症候群に有用」 米の15年追跡調査で
  5. 日健栄協の健食GMP、アピなど3社認定
  6. 厚労省 20年予算概算要求 健食安全性確保に6100万円 素材の…
  7. 加工食品の原料原産地表示、生産者と製造者火花散らす
  8. 健食表示への改善指導、大多数が修正
PAGE TOP