ヘッドラインニュース

名市大・牧野氏が講演 健康食品、再分類が必要 栄養素と生薬、「区別すべき」

特定非営利活動法人・医療ネットワーク支援センターなどが主催する「医療従事者のための健康食品セミナー」の第一弾が22日、都内で開催され、医師や薬剤師、看護士、健食メーカー関係者ら83人が参加した。後援した厚生労働省から、新開発食品保健対策室長の北島智子氏が来賓あいさつを行い、CoQ10や大豆イソフラボン問題など新たな課題が次々と持ち上がる現状において、消費者に適切な情報を提供するために、「医療従事者に担っていただく役割は大きい」と期待感を表明した。
セミナーでは、生薬学を専門とする立場から、名古屋市立大学大学院の牧野利明氏が講演した。→続きは「健康産業速報」第1046号で!ほかニュース多数!
*記事に誤りがありました。名古屋市立大学大学院の牧野利明氏の肩書きは教授ではなく講師です。訂正致します。

関連記事

  1. 都消費生活総合センター 健食相談概要まとめる 健康被害も報告
  2. 2010年健食支出、11月時点で前年上回る
  3. 食品安全委、リスク評価案件を選定 メシマコブは対象外に
  4. 抗加齢医学会、20日から京都で α-リポ酸に解毒効果 CoQ10…
  5. 栄養成分表示検討会が初会合
  6. ナチュラルリープラス、06年売上高は横ばいに
  7. 健食の原料原産地表示 農水省通知、業界に波紋 都は独自対応に着手…
  8. 原料原産地表示で異論噴出 消費者・事業者に「メリットなし」
PAGE TOP