ヘッドラインニュース

食品安全委 リスク評価対象を絞り込み 白金ナノコロイドの情報収集へ コラーゲンは見送り

 食品安全委員会は7日、企画専門調査会の第21回会合を開き、食品安全委自らの判断で行う食品健康影響評価(自ら評価)の対象の絞りこみを行った。平成19年度の「自ら評価」の候補になったのは15品目。健食素材としては、「コラーゲン」と「白金ナノコロイド」が候補に上がった。→続きは『健康産業速報』第1160号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 静岡工業技術センター、抗ストレス食品を開発へ
  2. 健食支出、7-9月は26%減 市場規模縮小は必至か
  3. 厚労省、食薬区分改正を通知
  4. 健食悪用のマルチ商法、九州等で相次ぐ 「がんが消えた」と標榜
  5. 大豆イソフラボンの上限値問題、結論は来年に持ち越し
  6. ロート製薬、新研究所で特保など開発
  7. アガリクスブラゼイ協議会 NPO法人として申請へ 日健栄協とも連…
  8. プロテインケミカル、国内向けグルコサミン供給量が伸長
PAGE TOP