ヘッドラインニュース

食品安全委 リスク評価対象を絞り込み 白金ナノコロイドの情報収集へ コラーゲンは見送り

 食品安全委員会は7日、企画専門調査会の第21回会合を開き、食品安全委自らの判断で行う食品健康影響評価(自ら評価)の対象の絞りこみを行った。平成19年度の「自ら評価」の候補になったのは15品目。健食素材としては、「コラーゲン」と「白金ナノコロイド」が候補に上がった。→続きは『健康産業速報』第1160号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 東京都 都民の健康・栄養状況 VEの3割、健食から摂取
  2. D&Bフェア開幕、前回比8%増の2万7000人が来場
  3. 塩野義製薬、クオリカプスグループの株式譲渡
  4. 厚労省 残留農薬規制を説明 違反2回で輸入貨物留置
  5. 都、今年も健食製造業者に立入調査
  6. 厚労科学研究、健食の安全確保事業を推進
  7. HPMC、年度内にも規制緩和か
  8. 健食関連出版社の家宅捜索問題、業界に波紋
PAGE TOP