ヘッドラインニュース

台湾産ニセ薬で健康被害、ステロイドを検出

厚生労働省は24日、台湾産の未承認医薬品(ニセ薬)の摂取による健康被害が発生したと発表した。このニセ薬は「百歩蛇風濕丸」(ヒャッポダ神経丸)という製品。摂取をしていた80代の男性が、リバウンド現象による呼吸不全を起こし、入院。同品から、ステロイドホルモンの「デキサメタゾン」と、非ステロイド解熱消炎鎮痛剤の「インドメタシン」が検出された。→続きは「健康産業速報」第1054号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 厚労省 アレルギー表示義務品目 エビ・カニの追加を提案 23日の…
  2. オージービー、日米の有機認証マーク取得サプリ上市
  3. 東京都 健食安全確保で報告書
  4. 大阪府、因果関係不明でも健康被害情報を公表 11月から
  5. 消費者庁、「論点整理」の検討方針固まる
  6. 厚労省 妊婦の食生活指針作成へ
  7. 「消費者基本計画」工程表改定、機能性表示施行状況踏まえ見直し検証…
  8. 厚労省研究班、健食による健康被害実態を調査
PAGE TOP