ヘッドラインニュース

台湾産ニセ薬で健康被害、ステロイドを検出

厚生労働省は24日、台湾産の未承認医薬品(ニセ薬)の摂取による健康被害が発生したと発表した。このニセ薬は「百歩蛇風濕丸」(ヒャッポダ神経丸)という製品。摂取をしていた80代の男性が、リバウンド現象による呼吸不全を起こし、入院。同品から、ステロイドホルモンの「デキサメタゾン」と、非ステロイド解熱消炎鎮痛剤の「インドメタシン」が検出された。→続きは「健康産業速報」第1054号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 齋藤容器、サプリメント新型携帯ケースを上市
  2. アガリクス販売で薬事法違反の疑い
  3. 都が啓発パンフ、「健食は生活習慣病治療に効果なし」
  4. HPMC、年度内にも規制緩和か
  5. アートネイチャー、フラバンジェノールで育毛サービス
  6. 食事バランスガイド、「健食に頼らないで」
  7. 「クロレラで発癌予防」 サン・クロレラ、米癌学会で発表
  8. 健康産業速報ロゴ 東海大学、来年4月に健康学部開設
PAGE TOP