ヘッドラインニュース

広がる被災地への支援活動、日健栄協通じ救援物資

【健康産業速報1512号トップニュース】被災地への救援物資を募っていた(財)日本健康・栄養食品協会は16日、宮城県知事から支援要請のあった栄養補助食品が必要量に達したことから、募集を締め切った。県は優先的に「濃厚流動食」の提供を求めていて、日健栄協では24万個の手当てが終わったと説明。今日18日、第1便として「濃厚流動食」を積み込んだ10tトラック2台が出発する。
【主なニュース】
◆大震災、「再生に向けて頑張る」 復興への思いひとつに
◆被災地企業の状況
◆消費者庁、被災工場の製造所固有記号で例外措置
他ニュース多数!

関連記事

  1. 高麗人参、市場規模200億円に
  2. フジッコ、一部の大豆イソフラボン報道に「遺憾」
  3. 沖縄健康食品市場 250億円目前に足踏み
  4. 健食含む食料品で「不満」「被害受けた」は13% 国セン調べ
  5. 沖縄健食市場、回復軌道に
  6. 米NNFA、名称を「NPA」に変更
  7. 機能性表示、対応企業44%に 増収企業は約7割
  8. 米サプリ市場、5.8%増の160億ドル
PAGE TOP