ヘッドラインニュース

広がる被災地への支援活動、日健栄協通じ救援物資

【健康産業速報1512号トップニュース】被災地への救援物資を募っていた(財)日本健康・栄養食品協会は16日、宮城県知事から支援要請のあった栄養補助食品が必要量に達したことから、募集を締め切った。県は優先的に「濃厚流動食」の提供を求めていて、日健栄協では24万個の手当てが終わったと説明。今日18日、第1便として「濃厚流動食」を積み込んだ10tトラック2台が出発する。
【主なニュース】
◆大震災、「再生に向けて頑張る」 復興への思いひとつに
◆被災地企業の状況
◆消費者庁、被災工場の製造所固有記号で例外措置
他ニュース多数!

関連記事

  1. ナチュラルリープラス、06年売上高は横ばいに
  2. 特保に弱点? 日健栄協講習会で井藤氏指摘
  3. 東大・染谷氏ら、「活性酸素は老化に関与しない」
  4. 消費者庁、18~19歳データで見解 「一律対象外ではない」
  5. 健食監視、「直接指導も」
  6. 都、健食専門委が最終会合 健食の枠組作りにも言及
  7. 健食広告、雑誌は減少 新聞は増加
  8. 上半期サプリ支出、9%増 4カ月連続の2桁伸長
PAGE TOP