ヘッドラインニュース

厚労省、CoQ10の扱いで通知「事業者責任で安全性確認を」

厚生労働省は23日、CoQ10を含む食品の扱いに関する通知を都道府県などに出した。食品安全委員会が「上限量設定は困難」などとする評価をまとめたことへの対応。厚労省では、医薬品量を超えないことを求める平成17年2月28日付の通知は「今も生きている」としており、CoQ10医薬品の30mgを超える健康食品について、事業者責任で安全性を確保する必要性に言及。
→続きは「健康産業速報」第1054号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日健栄協、大豆レシチン食品の試買調査
  2. 日健栄協、特保情報公開で陳情書
  3. アガリクス協議会が記者会見、「問題となった製品以外は安心」
  4. オリザ油化、クルミ・ニラなど新素材2品上市
  5. もろみ酢の公正競争規約、23日施行
  6. 大阪府、台湾産ニセ薬を発見
  7. 健食含む「遺伝資源」で国際会議
  8. 国セン 業務の抜本的見直しへ 商品テストの外部化も 内閣府の検討…
PAGE TOP