ヘッドラインニュース

厚労省、CoQ10の扱いで通知「事業者責任で安全性確認を」

厚生労働省は23日、CoQ10を含む食品の扱いに関する通知を都道府県などに出した。食品安全委員会が「上限量設定は困難」などとする評価をまとめたことへの対応。厚労省では、医薬品量を超えないことを求める平成17年2月28日付の通知は「今も生きている」としており、CoQ10医薬品の30mgを超える健康食品について、事業者責任で安全性を確保する必要性に言及。
→続きは「健康産業速報」第1054号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健康博覧会2016 国際化進む 海外から47社
  2. 熊本地震、物流面で影響も 各社復旧に向け準備
  3. 「新潟県健康ビジネス協議会」発足
  4. 09年米ハーブサプリ市場規模
  5. アガリクス協議会、議連の支援など来年度活動計画を発表
  6. ブラックコホシュの活性成分、85年間不変
  7. 総務省 家計調査3月 健食支出額、2%増に 市場回復に期待感
  8. 農水省、「食品機能性評価支援センター」 来年5月メドに設置
PAGE TOP