ヘッドラインニュース

がんセンター・津金氏 食品成分の評価法を紹介 がん予防効果、疫学データ必要

日本食品科学工学会の第53回大会が8月28~30日の3日間、日本大学生物資源科学部で開催された。30日のシンポジウム「がん予防のためのFood Science & Technology-機能性成分の探索方法、分子メカニズム解明から疫学研究まで」では、食品によるがん予防などについて、5人の専門家が講演を行った。→続きは「健康産業速報」第1056号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 米でコンドロイチン論争、業界団体は効果を強調
  2. EU栄養・健康表示規則、7月スタート
  3. 05年人間ドック全国集計 「異常なし」わずか12% 生活習慣病の…
  4. 日健栄協、賀詞交歓会に400人
  5. 14年の世界オーガニック市場、9兆円
  6. 厚労省 混合診療問題 規制改革会議に抗議 議論かみ合わず、火種残…
  7. JAMA、「カロリー25%カットで寿命が延びる?」
  8. 1242号(2008年7月4日号)配信
PAGE TOP