ヘッドラインニュース

がんセンター・津金氏 食品成分の評価法を紹介 がん予防効果、疫学データ必要

日本食品科学工学会の第53回大会が8月28~30日の3日間、日本大学生物資源科学部で開催された。30日のシンポジウム「がん予防のためのFood Science & Technology-機能性成分の探索方法、分子メカニズム解明から疫学研究まで」では、食品によるがん予防などについて、5人の専門家が講演を行った。→続きは「健康産業速報」第1056号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 欧州食品素材展「FiE」 コラーゲンの機能性に注目
  2. 栄養改善学会、25日から茨城で CoQ10+カルニチンで脂肪燃焼…
  3. 東京都試買調査 不適正表示に改善指導 「機能性表示」で1品に不備…
  4. 日本病院会 人間ドック全国集計
  5. 中小企業庁プロジェクト 健康食品開発など支援 牡蠣、健康茶、パパ…
  6. 農芸化学会、26日から名古屋で クロレラの機能性等報告 一般口頭…
  7. 公取委、ダイエット食品で排除命令
  8. 日本コカ・コーラとカルピス、健康分野でコラボ
PAGE TOP