ヘッドラインニュース

ナチュラルリープラス、06年売上高は横ばいに

ナチュラルリープラスの2006年8月期の売上高は、前期(363億42百万円)とほぼ横ばいになる見通しだ。同社は今期、和田前社長の逮捕・辞任にともなう組織変更により、会員や売上高の影響が懸念されたが、精力的な販促キャンペーンが奏功。「売上は横ばいか、プラスアルファくらいになる見込み」としている。→続きは「健康産業速報」第1063号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. アガリクス、華麗に復活 ケンコーコムランキング
  2. 機能性表示、「届出」ガイドラインの概要明らかに
  3. 規制改革要望に厚労省が回答 4.13事務連絡、拘束力なし 「直ち…
  4. 06年前半・健食受託市況 3割の企業が経営悪化
  5. GABAで満員電車のストレス軽減
  6. 東洋酵素、アスタキサンチンの供給拡大
  7. 特保申請品目にアイケア関連
  8. CoQ協会が研究会、最新13演題を発表
PAGE TOP