ヘッドラインニュース

ナチュラルリープラス、06年売上高は横ばいに

ナチュラルリープラスの2006年8月期の売上高は、前期(363億42百万円)とほぼ横ばいになる見通しだ。同社は今期、和田前社長の逮捕・辞任にともなう組織変更により、会員や売上高の影響が懸念されたが、精力的な販促キャンペーンが奏功。「売上は横ばいか、プラスアルファくらいになる見込み」としている。→続きは「健康産業速報」第1063号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. カネボウ、デトックス技術を開発 「生薬と微量栄養素で効果増強」(…
  2. 議連「健食問題研究会」 石崎会長ら、新法制定で一致 来年の通常国…
  3. 家計調査10月、健食支出2.5%増
  4. アガリクス協議会、13日に第1回総会
  5. 国セン 健食等の通販広告で注意喚起 「お試し」で定期購入に
  6. 厚労省 健康日本21 新規目標にメタボ症候群 認知率8割目指す
  7. 食薬区分で研究報告書 アオバナなど9成分検証
  8. 米ケミン社、ポテト抽出物含有のダイエット食品を投入
PAGE TOP