ヘッドラインニュース

05年の健食重要研究 ハーブ等25題に決定 「緑茶+ガラナ」、体重管理に有効

米国立健康研究所(NIH)の栄養補助食品室(ODS)は21日、05年に論文発表されたサプリメント研究成果の中から最も重要な25題を選出したと発表した。論文の選定は今年で7回目。ランセットや米医師会雑誌(JAMA)など論文審査のある58のジャーナルに掲載された1000件以上の研究の中から、261のサプリメント関連研究をリストアップ。これを各専門分野の研究者ら50人が評価し、「05年の最も重要な研究」として25題を選び出した。→続きは「健康産業速報」第1063号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健康栄養調査「高齢者の健康」実態把握へ
  2. 理研、植物の硫黄代謝調節する転写因子発見
  3. 厚労省 4・13健食表示規制問題 事務連絡第二弾、見送りに 「市…
  4. サン・クロレラ、「クロレラが妊産婦のダイオキシン排泄」
  5. 英刑務所、サプリメントで暴力は減るか? 3年間追跡調査に着手
  6. 疾病リスク低減表示、Caで申請あり
  7. 埼玉県、中国製健食で健康被害
  8. リケンが債権者説明会、参加者から不満噴出
PAGE TOP