ヘッドラインニュース

17年国勢調査速報 高齢者人口、21%に上昇 世界最高の水準

総務省は6月30日、平成17年国勢調査の抽出速報集計結果を発表した。日本の総人口1億2776万人を年齢3区分別にみると、15歳未満が1740万人(総人口の13・6%)、15~64歳が8337万人(同65・3%)、65歳以上の高齢者が2682万人(同21・0%)だった。前回調査の平成12年と比べると、総人口に占める割合は、15歳未満人口が1・0ポイント減少したのに対し、高齢者人口は3・7ポイント増加して過去最高を更新。少子高齢化の進行を改めて裏付ける結果となった。→続きは「健康産業速報」第1040号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 患者へのサプリメント推奨へ前進 阪大院教授・伊藤氏
  2. アガリクス問題で経過報告 アガリチンの関与に言及 追加試験実施へ…
  3. DAGのリスク評価、「プロモーター」の統一見解必要
  4. アサヒビール、和光堂を買収へ
  5. FDA大豆たんぱく質のヘルスクレーム取り消しへ
  6. 特定健診制度の開始、都民の6割が「知らない」
  7. 消費者庁、「ネット取引連絡会」立ち上げ
  8. 国センが高麗人参健食の商品テスト、行政・業界に改善要望
PAGE TOP