ヘッドラインニュース

17年国勢調査速報 高齢者人口、21%に上昇 世界最高の水準

総務省は6月30日、平成17年国勢調査の抽出速報集計結果を発表した。日本の総人口1億2776万人を年齢3区分別にみると、15歳未満が1740万人(総人口の13・6%)、15~64歳が8337万人(同65・3%)、65歳以上の高齢者が2682万人(同21・0%)だった。前回調査の平成12年と比べると、総人口に占める割合は、15歳未満人口が1・0ポイント減少したのに対し、高齢者人口は3・7ポイント増加して過去最高を更新。少子高齢化の進行を改めて裏付ける結果となった。→続きは「健康産業速報」第1040号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日健栄協、GMPコンサルタント業務を開始
  2. 栄養食糧学会、13日から都内で 健食成分の新知見続々
  3. 途上国の栄養改善でビジネス創出 官民連携、プラットフォーム発足
  4. 第2回エグゼクティブ会議 サプリ新法制定へ前進 議連4役迎え意見…
  5. 15年度サプリ支出0.4%増 3月大幅増、プラスで着地
  6. 文科省事業、産学官連携で健食開発
  7. 食品開発展がいよいよ開幕、期待の新商材がめじろ押し
  8. DgSは「立地」が決め手? ツルハ調査
PAGE TOP