ヘッドラインニュース

厚労省 新特保制度が確定 1日に規格基準型スタート

 新特定保健用食品制度の全容が1日に確定した。厚生労働省は1日、新特保制度で唯一積み残しとなっていた規格基準型の詳細についての通知を都道府県などに送付。同日付で規格基準型の申請受付を開始した。規格基準型は随時申請が可能で、審査も迅速化されているため、特保市場のさらなる拡大を見込む声が挙がっている。  また厚労省では同日付で、上下限値が見直された栄養機能食品の規格基準の確定値を通知。既存の栄養機能食品で規格外となる商品も出てくるため、猶予期間を設定、平成18年12月31日までに製造されたものは適用外とする。

関連記事

  1. 厚労省、栄養摂取量の年次推移公表 15年国民健康・栄養調査
  2. 食品安全委、リスク評価の検討対象候補に健食素材浮上
  3. 食品安全委、大豆イソフラボンの上限値で合意
  4. 中国産ビルベリーの不純物混入、米国で問題に ハーブ製品全体に波及…
  5. 「DHAで肥満改善」 日大・岡田氏が講演
  6. 神奈川県警、薬事法違反で健食企業社員2人逮捕
  7. 焼津水産、中国に子会社設立 機能性食品素材など製造
  8. 総務省 家計調査4月 健食支出額、増加傾向に 前年同月比はマイナ…
PAGE TOP