ヘッドラインニュース

健食支出、7-9月は26%減 市場規模縮小は必至か

 総務省は10日、今年第3四半期(7-9月)の家計調査報告を発表した。農林漁家世帯を除く全世帯の健康保持用摂取品の支出額の前年同期比は、実数と比較した名目で26.3%減。健食支出の前年同期比を四半期ごとに見ると、1-3月が21.2%減、4-6月が6.2%減となっており、第3四半期が最大の落ち込み。→続きは「健康産業速報」第1077号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健食含む「食料品」の18年度通販売上高、前年比1・7%増に
  2. 17年度健食買上調査 国内初の違法成分を検出 強壮系ニセ薬、依然…
  3. 食品保健指導士の意識調査 対象の半数、資格利用せず 日本疫学会で…
  4. 【号外】消費者庁 健食表示検討会が終了  「取り締まり指針」作成…
  5. 伊藤園、サプリメント事業に本格参入
  6. 米NIH・コーツ氏が来日講演
  7. RJ原料相場の上昇続く 中国内需増が背景に
  8. サプリ支出3%増「単身世帯」は伸び悩み
PAGE TOP