ヘッドラインニュース

健食支出、7-9月は26%減 市場規模縮小は必至か

 総務省は10日、今年第3四半期(7-9月)の家計調査報告を発表した。農林漁家世帯を除く全世帯の健康保持用摂取品の支出額の前年同期比は、実数と比較した名目で26.3%減。健食支出の前年同期比を四半期ごとに見ると、1-3月が21.2%減、4-6月が6.2%減となっており、第3四半期が最大の落ち込み。→続きは「健康産業速報」第1077号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 東大・染谷氏ら、「活性酸素は老化に関与しない」
  2. がんセンター、「代替療法ガイドブック」作成へ
  3. 「待ったなし」個人情報保護法、農水省もガイドライン
  4. 通販市場、6%増の6.5兆円 楽天やアマゾンなど牽引
  5. 07年特保市場規模、6%増の7100億円
  6. 特別用途食品検討会が中間報告  健食業界への影響は限定的に
  7. 厚労科学研究 新規フラボノイドに抗がん作用 ウーロン茶葉から発見…
  8. 日本学術会議の分科会、健食で提言へ
PAGE TOP