ヘッドラインニュース

薬学会、28日から富山で CoQ10、リポ酸等発表 コタラヒムがメタボに効果

 日本薬学会第127年会が28日から30日までの3日間、富山市で開催される。「ハーブ・生薬・サプリメントの安全性確保とモニタリング手法」と題するシンポジウムを実施。国立衛研の合田幸広氏が安全性確保の考え方と基原について解説するほか、日本健康食品規格協会の大濱宏文氏が欧米・アジアのサプリメントに対する取り組みを紹介する。→続きは『健康産業速報』第1108号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日健栄協 賀詞交歓会を開催 厚労省、健食に期待感 「業界の団結を…
  2. パワフル健康食品、サンゴ状ヤマブシタケの供給開始
  3. インデナ、新素材「カキネガラシ」の提案開始
  4. 厚労省 健食新制度の説明会 特許表示で注意喚起
  5. 「健食の時代到来」 前岐阜県知事・梶原氏が強調
  6. 健食と保健機能食品の関係、半数以上が知らず 農水省調査
  7. 高齢者のサプリ支出に異変、無職世帯6か月連続減
  8. DAGのリスク評価、「プロモーター」の統一見解必要
PAGE TOP