ヘッドラインニュース

健食企業2社に排除命令

 イソフラボンの不当表示で 国センの情報提供が発端
 公正取引委員会が14日に大豆イソフラボン健康食品を販売する2社に排除命令を出した件で、この2社が、使用していたパウダー原料のイソフラボン含有量を100%とみなして記載したことが不当表示につながったことがわかった。また、今回の件は国民生活センターからの情報提供が発端となったことも判明した。→続きは『健康産業速報』第1078号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ブルーベリー、加齢による記憶力減退を軽減
  2. 初の疾病リスク低減型特保、許可に向け大きく前進
  3. 食品開発で成果報告会、機能性食品関連の発表相次ぐ
  4. アガリクスで安全宣言
  5. 「機能性表示」導入から1年 受理企業100社到達
  6. 日本人の3人に1人ががんで死亡 厚労省調べ
  7. 東北地方太平洋沖地震 宮城県、日健栄協に支援要請
  8. 健食新制度で「報告書」
PAGE TOP