ヘッドラインニュース

健食企業2社に排除命令

 イソフラボンの不当表示で 国センの情報提供が発端
 公正取引委員会が14日に大豆イソフラボン健康食品を販売する2社に排除命令を出した件で、この2社が、使用していたパウダー原料のイソフラボン含有量を100%とみなして記載したことが不当表示につながったことがわかった。また、今回の件は国民生活センターからの情報提供が発端となったことも判明した。→続きは『健康産業速報』第1078号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 特保申請、記載不備など目立つ
  2. 日健栄協・林理事長 「健食に補助医療的な期待」 本社九州セミナー…
  3. 厚労省、食薬区分改正で意見募集
  4. 経産省、健食通販のアサヒ産業に業務停止命令
  5. 旭電化工業、新本社ビルが完成
  6. 農産物「機能性表示」で取組加速
  7. 国内3社の牛骨ゼラチン、経産省助成事業で安全性立証
  8. 東京都、健食講習会を開催
PAGE TOP