ヘッドラインニュース

健食企業2社に排除命令

 イソフラボンの不当表示で 国センの情報提供が発端
 公正取引委員会が14日に大豆イソフラボン健康食品を販売する2社に排除命令を出した件で、この2社が、使用していたパウダー原料のイソフラボン含有量を100%とみなして記載したことが不当表示につながったことがわかった。また、今回の件は国民生活センターからの情報提供が発端となったことも判明した。→続きは『健康産業速報』第1078号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. NARO、乳酸菌の老化抑制作用の解明へ
  2. 大麦食品推進協議会、大麦の機能性を紹介
  3. 栄養成分表示で抜本改正
  4. ナチュラルローソン、「ファイバーデトックス」コーナーを設置
  5. ハーブ絶滅危惧リストに「フーディア」「イチョウ」等
  6. 慶應大・曽我氏、「メタボロームで食品評価」
  7. 都の健食試買調査、77品中62品が違反
  8. 「乳酸菌」好調、海外案件も牽引 17年上半期・健食受託企業調査
PAGE TOP