ヘッドラインニュース

健食などによる健康危機、迅速対応へ 厚労省

 健康食品や医薬品、感染症などによる健康危機の発生時に、迅速な初動対応がとれるようにするため、厚生労働省は2007年度から「健康危機管理対策総合研究事業(仮称)」として、健康危機発生時の初動体制に関する研究を実施する。公募で寄せられた研究課題のうち、3月までに5課題程度を採択。1課題につき1000~2000万円の補助を行う。→続きは『健康産業速報』第1101号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 通販協 04年度・通販企業実態調査
  2. 08年健康食品市場規模まとまる
  3. カテキンの摂取、抗癌剤の作用増強
  4. リケン社長に石原二郎氏
  5. 健康科学学会シンポ、健食安全性評価など議論
  6. 厚労省 介護保険、予防重視に転換
  7. 東京都、健食表示調査「機能性サプリ」は不適正
  8. 「機能性表示」届出ガイドライン改正、1日からオンライン化 消費者…
PAGE TOP