ヘッドラインニュース

食品安全委、大豆イソフラボンの上限値で合意

 食品安全委員会は1月31日、新開発食品専門調査会の第32回会合を開き、大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方について大筋で合意した。前回12月の評価案から数値に変更はなく、大豆イソフラボンの安全な1日摂取目安量の上限値を70~75mg、特保として上乗せ摂取する場合の上限値を30mgとした。両方とも大豆イソフラボンアグリコンとしての数値。→続きは本紙で!

関連記事

  1. アムスライフサイエンス、本草製薬との共同開発健食を発売
  2. 文科省研究班、機能性食品の評価法を開発
  3. 健食含む食料品で「不満」「被害受けた」は13% 国セン調べ
  4. 国セン 健食等の通販広告で注意喚起 「お試し」で定期購入に
  5. 北海道バイオ産業拡大 黒字8割、「地域経済支える産業に」
  6. 機能性表示「エキス」追加案 結論先送り、18日再検討
  7. sokuhouクロレラ 台湾産クロレラ、年間生産1000トン -主要3社、天候不順で計画…
  8. 厚労省研究班、健食による健康被害実態を調査
PAGE TOP