ヘッドラインニュース

食品安全委、大豆イソフラボンの上限値で合意

 食品安全委員会は1月31日、新開発食品専門調査会の第32回会合を開き、大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方について大筋で合意した。前回12月の評価案から数値に変更はなく、大豆イソフラボンの安全な1日摂取目安量の上限値を70~75mg、特保として上乗せ摂取する場合の上限値を30mgとした。両方とも大豆イソフラボンアグリコンとしての数値。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 森川健康堂、「水溶化プロポリスエキス」の開発に成功
  2. 東京都 「健康に関する世論調査」
  3. 内閣府調査、メタボ症候群「言葉知っている」9割超える
  4. 応微研、民事再生手続き開始申立
  5. α-リポ酸の誤飲による猫の中毒問題、「ヒトには影響なし」
  6. 国立栄研、CoQ10情報を更新
  7. 特保の7割が市販後情報を収集
  8. 原料原産地表示の義務化 消費者の「誤認防止」重視
PAGE TOP