ヘッドラインニュース

食品安全委、大豆イソフラボンの上限値で合意

 食品安全委員会は1月31日、新開発食品専門調査会の第32回会合を開き、大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方について大筋で合意した。前回12月の評価案から数値に変更はなく、大豆イソフラボンの安全な1日摂取目安量の上限値を70~75mg、特保として上乗せ摂取する場合の上限値を30mgとした。両方とも大豆イソフラボンアグリコンとしての数値。→続きは本紙で!

関連記事

  1. セイジョーとセガミメディクス、資本・業務提携で基本合意
  2. JRJ製薬、「薬蜜」の原料供給開始
  3. 東洋発酵、海藻抽出物の供給開始
  4. 厚労省、CoQ10の扱いで通知「事業者責任で安全性確認を」
  5. 健食ネット通販支出、9ヵ月連続2ケタ増
  6. 消費者庁、18~19歳データで見解 「一律対象外ではない」
  7. 三井物産、米サプリメント市場へ参入
  8. 高齢者のサプリ支出に異変、無職世帯6か月連続減
PAGE TOP