ヘッドラインニュース

食品安全委、大豆イソフラボンの上限値で合意

 食品安全委員会は1月31日、新開発食品専門調査会の第32回会合を開き、大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方について大筋で合意した。前回12月の評価案から数値に変更はなく、大豆イソフラボンの安全な1日摂取目安量の上限値を70~75mg、特保として上乗せ摂取する場合の上限値を30mgとした。両方とも大豆イソフラボンアグリコンとしての数値。→続きは本紙で!

関連記事

  1. 厚労省、健食関連の予算増加
  2. 「白甘藷由来糖ペプチド」で血糖改善
  3. 15年の青汁市場規模 1000億円の大台突破
  4. 乳がん患者が利用する健食、プロポリスがトップ
  5. 国際戦略総合特区 機能性食品関連も
  6. 国立栄研の健食データベース、144素材を追加
  7. 10月の健食通販売上高4.7%増
  8. 日健栄協の健食GMP、アピなど3社認定
PAGE TOP