ヘッドラインニュース

あるある問題、過去520本の番組内容検証 健食業界へ影響も

 フジテレビ系情報番組「発掘! あるある大事典Ⅱ」の捏造問題で、関西テレビ放送の千草宗一郎社長は21日、自民党本部で開かれた通信・放送産業高度化小委員会(片山虎之助委員長)で一連の騒動に対し謝罪するとともに、これまでに放映された520本の番組について検証作業を行っていると説明した。過去の放送では多数のサプリメント素材が取り上げられたことから、今後の検証結果と公表内容によっては、健康食品業界に大きく影響する可能性が出てきた。→続きは『健康産業速報』第1105号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日本睡眠改善協議会が発足
  2. 「アーユルヴェーダ」セミナーに100人
  3. 規制改革要望、6月1日から受付スタート
  4. 厚労省 4・13健食表示規制問題 事務連絡第二弾、見送りに 「市…
  5. 健食懇 健食の安全性で自主基準 厚労省検討会のたたき台に 健食の…
  6. ミツバ貿易、サージ供給量が急増
  7. 1244号(2008年7月11日号)配信
  8. 経産省支援事業、健食開発課題など採択
PAGE TOP