ヘッドラインニュース

あるある問題、過去520本の番組内容検証 健食業界へ影響も

 フジテレビ系情報番組「発掘! あるある大事典Ⅱ」の捏造問題で、関西テレビ放送の千草宗一郎社長は21日、自民党本部で開かれた通信・放送産業高度化小委員会(片山虎之助委員長)で一連の騒動に対し謝罪するとともに、これまでに放映された520本の番組について検証作業を行っていると説明した。過去の放送では多数のサプリメント素材が取り上げられたことから、今後の検証結果と公表内容によっては、健康食品業界に大きく影響する可能性が出てきた。→続きは『健康産業速報』第1105号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「あるある」捏造問題、健食業界は冷静に対応
  2. 表示政策、政党間に温度差
  3. 06年人間ドック全国集計 「異常なし」過去最低の11% メタボ関…
  4. キリン堂中間期、健食売上14%減 CoQ10需要低迷
  5. 日健栄協、3製造所にGMP認定
  6. アガリクスのバイブル本事件、健食販社社長らに有罪判決
  7. ナチュラルローソン、「ファイバーデトックス」コーナーを設置
  8. 特保10品許可、合計550品突破
PAGE TOP