ヘッドラインニュース

日清ファルマ、胃炎予防の機能性食品開発に着手

 日清ファルマは19日、ゲン・コーポレーションとの共同研究が農林水産省の「産学官連携による食料産業等活性化のための新技術開発事業」として採択されたことを受け(速報1027号既報)、7月からヘリコバクター・ピロリ菌による上部消化管病変に対する予防効果を持つ機能性食品開発を開始すると発表した。→続きは「健康産業速報」第1028号で!

関連記事

  1. 「α-リポ酸協会」、リポ酸の市場調査を実施
  2. ベストアメニティ、ゴルフ場と命名権契約締結
  3. ヤマハ発動機、アスタキサンチンで健食市場参入
  4. 日米協議、健食を議題に
  5. NIH、サプリ年鑑にイチョウやエキナセアなど収載
  6. ファイン、アスタキサンチン健食など3品投入
  7. 食品表示の4検討会、相次ぎ報告書 「機能性表示」は25日に決着
  8. 東京都薬剤師会 健食データベース作成へ
PAGE TOP