ヘッドラインニュース

経産省 生活習慣病予防で事業者育成 食生活指導で健食紹介も 健康産業界に脚光

 メタボリックシンドロームに焦点をあてた特定健診・保健指導のスタートへ向けて、食生活指導などの保健指導を行う「生活習慣病予防サービス事業者」の育成が課題となっていることから、経済産業省は同サービス事業者に必要な経営ノウハウを明確にして、その実証事業を行う方針を固めた。保健指導の一環として、同サービス事業者が指導対象者に適切な健康食品などを紹介する業務も予定されており、健康食品を含む健康関連産業には、生活習慣病予防で重要な役割が求められそうだ。→続きは『健康産業速報』第1105号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 国立栄研、産学連携でミネラル健食開発
  2. 農水省 食品機能研究の成果発表
  3. 米でコンドロイチン論争、業界団体は効果を強調
  4. 食薬区分改正、食品衛生法関連通知は6月前後か
  5. 都、大学と連携し広告調査 ダイエット健食で違反の恐れ多数
  6. 2010年健食支出、11月時点で前年上回る
  7. 健食が取扱商品のトップに 競争激化で「踊り場へ」
  8. 東洋新薬、ビワ葉抽出物「ロイスリン」の体脂肪抑制効果を確認
PAGE TOP