未分類

【品質安全】食品安全マネジメントシステムISO22000導入の動き

 食品安全マネジメントシステムISO22000の認証の動きは、当初の予想より緩やかな動きだが、システムを選択する組織は徐々に拡がっている。食品産業では安全性をめぐる不祥事が後を絶たず、リスク管理の意識はかなり高くなっているが、ISO22000の導入までには体制が整っていないところも多く、段階を踏んだコンサルティングやサポートツールの必要性がいわれ始めている。


 これまでHACCPやISO9001などの認証取得をしていない中小企業の食品安全管理システムの構築には、コンサルティングの存在が重要だが、現状ではISO22000のコンサルティング能力をもつ人材不足を指摘する声もある。ISO22000の導入は目的ではなく組織の安全管理体制を見直し改善するためのツールとして捉え、それぞれの組織の現状に合わせた段階を踏んだコンサルティングやサポートツールが今、求められてきているといえよう。ISO22000の審査登録機関を紹介する。
■製品認証・マネジメント認証等
テュフ ラインランド ジャパン

関連記事

  1. 『食の祭典・技術の集結』をテーマに国際食品工業展開催
  2. 【ナチュラル・プロダクツ・エキスポ ウエスト 視察】
  3. CLOSE UP
  4. 重要性増す食品産業における異物混入対策
  5. NEWS ARCHIVES
  6. 海外開発トピックス
  7. 【健康素材】脳機能を高める注目の素材
  8. プロバイオティクス素材の開発動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP