関連トピックス

「キリン 生茶」リニューアル発売―ブランドと緑茶飲料市場の再活性を目指す

キリンビバレッジは4月9日の「キリン 生茶」のリニューアル発売に先立ち、8日に「キリン 生茶 ラウンドテーブル」(発表会)を開催した。キリン 生茶は、このたびのリニューアルで、容器、パッケージ、味覚全てを大きく刷新した。

まず、キリンビバレッジ マーケティング部 部長の成清敬之氏が2024年の新・生茶の戦略について述べた。

同社の注力領域となる3本柱の1つに生茶を位置づけ、縮小やコモディティ化が問題視される緑茶飲料市場において、今回リニューアルすることで、ブランド再生や緑茶飲料市場の魅力化を目指した。PET緑茶を購入する際、容量や値段で購入する人が増えていることに危機感を覚え、もっと異なる価値を提供する必要を感じ、緑茶を魅力にとらえられるような、人々の生活を豊かにするためのツールとしての新たな価値の創造を目指し、リニューアルに至った、と話した。

続いて、マーケティング部ブランド担当の飯髙宏美氏が、新・生茶のリニューアルについて詳しく解説。コンセプトは、生活を彩る「Life Tea」とのこと。

新・生茶の中身は、生茶の特長である「あまみ」を活かしながら、緑茶としてのボリューム感を出した。従来の生茶葉鮮度搾り製法に加え、新技術「凍結あまみ製法」を採用し、抽出液を凍結・凝縮することで新茶のようなあまみを増幅させた。さらに、微粉砕茶葉を約3倍増量。均一な微粉末であるため粉感を感じずに味の厚みや香り・コクをアップしたことで、緑茶感を出しつつも飲みやすくい製品に仕上がった。

容器は、瓶のような流線形のPETボトル「ライフティーボトル」を採用。小型ペットボトルの一部については、重量を現行の20gから18gに軽量化を実現し、プラスチックの使用量削減にも取り組んだ。ラベルは、白色系で気持ちの良さを表現した。

なお、「キリン 生茶」とともに「キリン 生茶 ほうじ煎茶」もリニューアル発売となった。

関連記事

  1. 昆虫含め様々な由来のプロテインの展示と、関節から美容に提案が進む…
  2. 日本大豆ミート協会 設立
  3. 一丸ファルコス、化粧品・食品原料89製品でハラール認証取得
  4. 「腸内フローラと健康」市民公開講座も開設
    第22回腸内細菌…
  5. 森永乳業の「ビフィズス菌A1」の認知機能を改善する作用を確認
  6. 7月の主な学会、研究発表会
  7. 営業許可・届出業種を整備へ―厚労省、食品の営業規制に関する検討を…
  8. 海洋プラスチックごみ問題解決に向け
    経産省が業種を横断す…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP