海外ニュース

プラントベースのLINDORが登場

世界的チョコレートメーカーであるLindt社は、大人気のLINDORシリーズからオーツミルクを使った新商品をLindt USA公式オンラインショップ等で発売した。2022年にバータイプのオーツミルクチョコレートを発売して以来2つ目のプラントベース商品だ。

プラントベース市場は味などの課題から苦戦しているが、プラントベースチョコレート市場は成長しており、Persistence Market Research社によるレポートでは、プラントベースチョコレート市場は2030年末までに2倍以上に成長すると述べられている。プラントベースチョコレートは、ヴィーガンや乳糖不耐症の方のためだけでなく、血圧やコレステロールの低下なども期待されている。

今まで他の大手チョコレートメーカーも、主にヴィーガンへの訴求としてプラントベースチョコレートを発売してきた。例えばネスレ社は米をベースとしたミルクを使ったKitKatを、HERSHEY’S社はオーツミルクのアーモンドチョコレートバーを過去に発売した。

関連記事

  1. 「Nootropics」界注目の新素材
  2. ネスレが体重減少に特化した新ブランド設立
  3. アメリカにおける食品安全評価の方向性の不一致
  4. カカオの価格 さらなる高騰の危機

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP