海外ニュース

カカオの価格 さらなる高騰の危機

International Cocoa Organization(ICCO)は、今シーズンのカカオの生産量が前年に比べて約11%減少するとの予測を発表した。それに伴い、カカオの価格の高騰が予測されている。ICCOは、カカオの生産量が減少する理由について、気候、害虫や病気、果樹園の老朽化が主だと述べた。

カカオの主な生産地であるガーナやコートジボワールはエルニーニョ現象の影響で季節外れの気温、大雨などに悩まされ、農家は打撃を受けている。中央アフリカや南米の生産地では、生産量に大幅な減少は見られないという。

病気に関しては、カカオスウォーレンシュートウイルスが生産量減少の原因として特に言及されている。この病気に感染したカカオは芽の肥大化、葉の変色、根の壊死など甚大な被害を受ける。

カカオ製品、また関連企業への影響が懸念される。

関連記事

  1. CICAクリームに使われ美容素材として話題のセンテラエキス
  2. 着色や分解を気にせず使える安定型ビタミンC「アスコフレッシュ®」…
  3. 風味に優れた透明飲料向けのホエイたん白と濃縮ミセラカゼイン
  4. 流動性、直打性、安定性の高い高濃度ルテイン粉末を上市
  5. 希少糖に関する最新情報を発信―D-アルロース(D-プシコース)の…
  6. ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進
  7. BASFジャパン、体内の吸収量を大幅に高めた新ルテイン製剤上市
  8. オリザ油化、「マウンテンキャビアエキス」を今秋上市―新たな血糖値…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP