未分類

【支援技術】混合・撹拌、乳化・分散装置の開発動向

食品・飲料分野における混合・撹拌、乳化・分散技術は、減圧・加圧、加熱・冷却などの多機能に加えて、自動化・省力化仕様、HACCP等に対応したサニタリー仕様など、市場ニーズに対応した装置開発がなされてきている。混合・撹拌装置は、製菓・製パン・製麺などの専用機から撹拌子の改良や2軸化等の新機種の開発、サニタリー性に優れた先端的タテ型ミキサーの浸透により、惣菜、水産関連、納豆、味噌、ドレッシングなど様々な食品へと用途が拡大している。また乳化・分散装置は、基本技術をベースに高精度・微細化ニーズに対応したナノ乳化を実現する高圧システムやエネルギー効率の向上、固定費削減につながる複合技術など、革新的な技術提案の動きも始まっている。
 本稿では、混合・撹拌、乳化・分散装置メーカー各社の最新動向を紹介。


☆混合・撹拌、乳化・分散装置の有力サプライヤー☆
<混合・撹拌装置>
●均一撹拌から粉体溶解、調理まで可能な撹拌槽シリーズ
イズミフードマシナリ
●アセプティック性抜群のシールレスミキサー
大阪サニタリー金属工業協同組合
●高品質・サニタリー性優れた最先端ミキサーを提供
関東混合機工業
●様々な混合プロセスに適合するスタティックミキサー
ノリタケエンジニアリング
<乳化・分散装置>
●世界トップの実績と高品質に定評のニロソアヴィ・ホモジナイザ
GEAウエストファリアセパレータージャパン
●実績豊富な国際的衛生基準に適合したAPVホモジナイザー
日本APV

関連記事

  1. 海外開発トピックス
  2. 【品質安全】食品安全マネジメントシステムISO22000導入の動…
  3. 抗酸化能の簡易迅速測定法
  4. 【支援技術】混合・撹拌、乳化・分散装置の開発動向
  5. 【2月号】Food ITソリューションの最新動向
  6. 「たかが蒟蒻、されど蒟蒻」に学ぶ食品開発
  7. 【市場動向】食品加工用酵素の利用動向
  8. 編集部から

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP