未分類

【9月号】有機酸市場の最新動向

 クエン酸、リンゴ酸、乳酸等の有機酸は、清涼飲料水をはじめ加工食品の酸味付けや味の調整、pH調整などを目的に幅広く用いられている。ここ数年は、食品分野での需要量に大きな変化はなく横ばいで、価格も一昨年には原油価格の高騰や原料穀物相場の上昇などで値上げが行われたが、現在はほぼ高止まりで推移している。

 昨年から今年にかけては、サプライヤーの撤退や新規参入があり、それに伴って今後の市場がどのように変化していくか、気になるところだ。本稿では有機酸サプライヤーの動向をみていく。

<主な有機酸サプライヤー>

■クエン酸
磐田化学工業
キリン協和フーズ
研光通商
島貿易
昭和化工
扶桑化学工業
丸善薬品産業
■リンゴ酸
磐田化学工業
キリン協和フーズ
研光通商
昭和化工
扶桑化学工業
■乳酸
ピューラック・ジャパン
武蔵野化学研究所
■酒石酸
サンブライト
昭和化工
■グルコン酸
ピューラック・ジャパン
扶桑化学工業

関連記事

  1. 【8月号】食の安全・安心で注目高まる鮮度保持技術
  2. X線異物検出装置と金属検出機の最新動向
  3. 【連載】ニュートリゲノミクスの新展開
  4. 匂い・味&テクスチャーの測定技術
  5. 【4月号】食品の付加価値を高める分離・ろ過技術
  6. 開発・製造および環境対策で用途拡がる分離・濾過技…
  7. 【市場動向】多価不飽和脂肪酸(PUFA)素材の市場動向
  8. DHA・EPAの市場動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP