未分類

【9月号】有機酸市場の最新動向

 クエン酸、リンゴ酸、乳酸等の有機酸は、清涼飲料水をはじめ加工食品の酸味付けや味の調整、pH調整などを目的に幅広く用いられている。ここ数年は、食品分野での需要量に大きな変化はなく横ばいで、価格も一昨年には原油価格の高騰や原料穀物相場の上昇などで値上げが行われたが、現在はほぼ高止まりで推移している。

 昨年から今年にかけては、サプライヤーの撤退や新規参入があり、それに伴って今後の市場がどのように変化していくか、気になるところだ。本稿では有機酸サプライヤーの動向をみていく。

<主な有機酸サプライヤー>

■クエン酸
磐田化学工業
キリン協和フーズ
研光通商
島貿易
昭和化工
扶桑化学工業
丸善薬品産業
■リンゴ酸
磐田化学工業
キリン協和フーズ
研光通商
昭和化工
扶桑化学工業
■乳酸
ピューラック・ジャパン
武蔵野化学研究所
■酒石酸
サンブライト
昭和化工
■グルコン酸
ピューラック・ジャパン
扶桑化学工業

関連記事

  1. 新素材レポート
  2. 【7月号】混合・撹拌/乳化・分散装置の開発動向
  3. 【品質・安全】簡易・迅速微生物検査法の開発動向
  4. 【7月号】電子天びんの最新動向
  5. 【10月号】脳機能改善素材の開発
  6. クローズアップ
  7. グローバル化する食品素材ビジネスを実感
  8. 【健康素材】大豆由来機能素材の市場動向

おすすめリンク先

PAGE TOP