未分類

食品機械向け潤滑剤の安全規格と企業動向

食品業界おいてHACCP運用上、金属片、毛髪、洗浄除菌剤、虫などの小動物の異物混入への対策は、各食品製造施設で進んできたと思われる。しかし製造機械の潤滑油・グリースなどへの衛生面の配慮は十分行われているとはいい難い。基本的な考えとしては製造機械からそのようなものは混入しないという暗黙裡の前提があるのと行政としての指導がないことが原因になっていると思われる。しかし現状ではテレビや新聞紙上を賑わせることは少ないがが、機械用の潤滑剤の混入事故は数々報告されているようだ。
本稿では、食品機械向けの潤滑油の最新動向と潤滑剤メーカー・企業の取組みについてみていく。


●食品機械向け潤滑剤提案企業
サン・マリン ディーゼル
レッド&イエロー
ダイゾー・ニチモリ事業部
コスモ石油ルブリカンツ

関連記事

  1. NEWS ARCHIVES
  2. 簡易・迅速微生物検査技術の開発動向2
  3. 【品質・安全】自主検査に拡がる簡易・迅速微生物検査法の開発動向
  4. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクトを追う
  5. 海外開発トピックス
  6. 食品産業における温度管理技術
  7. 【市場動向】日持向上剤・保存料製剤の市場動向
  8. 今週の食人(Shoku-Nin)シリーズ4

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP