未分類

【1月号】多様な現場の衛生管理に拡がるATPふき取り検査法の最新動向

MP900407492.jpg

 ATPふき取り検査手法は、04年夏改訂された食品衛生検査指針(微生物編)に清浄度確認法として紹介され、普及が進んでいる。ATP検査キットが出始めた当初は微生物検査法のような誤解もあったが、現在は日常の清浄度の管理手法として、また衛生教育ツールとして利用が定着し、食品加工施設から外食・中食・給食さらには病院へと拡がっている。本稿では、ATPふき取り検査法の普及状況とサプライヤーについてみていく。


●主なATPふき取り検査キットメーカー

■国内のATPふき取り検査市場でトップシェアを持つ キッコーマンバイオケミファ

ニッタは、米国を中心に世界市場でATPふき取り検査キットの高いシェアを持つHygiena社製の検査キット販売を行っている。


関連記事

  1. 【健康素材】脳機能を高める注目の素材
  2. アピ、蜂産品に関して岐阜大学と共同研究開始
  3. 編集部から
  4. ●バイオテロリズム法への対応を急げ
  5. 【4月号】におい・味・テクスチャー・色の客観評価を目指して
  6. 【4月号】生産プロセスから環境対策まで用途拡がる分離・ろ過技術
  7. 揺れ動く食の安全性議論
  8. 新しい食品開発の流れはここから、第18回食品開発展開催!

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP