未分類

健康食品の市場動向と素材・技術研究

わが国の健康食品市場は、2001年推定で9,870億円」と前年比20%近くの大幅な伸びとなった。ここ数年は高成長を持続しており、米国の3兆円市場を追う形で今後も成長する可能性が高い。既に、健康食品受託製造分野では製造に携わる100社ほどが設備投資を行い、工場の新設・増設ラッシュが続いている。また、こうした動きは米国、欧州などでも同時進行しており、市場の国際化に伴い、規制緩和と国際基準の確立へ向けた圧力を生み出している。厚生労働省では、こうした動きを受けて、昨年春「保健機能食品制度」をスタートさせるなど、健康食品が表舞台に登場する準備が整いつつある。
本稿では、前半に幾つかの機能性研究報文を紹介、後半に市場の動きを紹介していく。


●注目の素材サプライヤー1
・アイラコーポレーション
・旭化成
・アサヒビール
・アピ
・伊藤ハム
・エヌ・ディー・シー
・エルエスコーポレーション
・オリザ油化
・兼松ウェルネス
●注目の素材サプライヤー2
・加藤薬局
・キッコーマン
・キユーピー
・ケイアイ化成
・協和発酵工業
・研光通商
・皇漢薬品研究所
・甲陽ケミカル
・光洋商会

関連記事

  1. 【品質安全】自主検査に拡がる簡易・迅速微生物検査法の開発動向
  2. 【特別レポ】ヘルスクレームをめぐる国際状況
  3. 食品を考えるもう一つの視点
  4. 【5月号】食品工場の衛生管理・事故防止のためのハード&ソフト
  5. トレーサビリティと表示・記録関連技術の最新動向
  6. 【品質安全】最新の食品成分分析技術―公定法VS迅速・環境対応法―…
  7. プロバイオティクス・プレバイオティクス素材の開発動向
  8. 【8月号】Food ITソリューションの最新動向

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2023 出展者募集中

PAGE TOP