バックナンバー

スポーツフードの動きと素材開発

わが国では欧米に比べスポーツフードに関しては開発が遅れ、市場も他の健康を目的とした食品に比べて伸長が遅かったが、ここにきて新素材の開発や欧米で実績をもつ素材の紹介などが活発になっており、最終製品の市場もアミノ酸サプリメントやプロテインを中心に市場が拡大し始めている。
本稿では、わが国イにおけるスポーツフードの開発と素材の開発状況についてみていく。


●注目のスポーツフード素材サプライヤー
ダニスコジャパン
キユーピー
デグサバイオアクティブス
・伊藤ハム
フジプロテインテクノロジー
・三邦
鐘淵化学工業

関連記事

  1. 【1月号特集2】食品未利用資源の活用法を考える
  2. 【今月号の特集】骨対策の新指標―骨質と食成分
  3. 【8月号特集】スパイスの機能性をどう活かすか
  4. 【2020年8月号】特集/AI活用によるこれからの食品産業/乳た…
  5. 【2020年1月号】特集/これからの物流を考える(フード・フォラ…
  6. 【2023年12月号】特集/健康課題解決に向けた栄養プロファイリ…
  7. 【2019年6月号・特集】食品の非破壊迅速検査技術の開発と利用
  8. 注目の殺菌技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP