未分類

食品業界における環境対策

排水・廃棄物処理から悪臭対策に至る関連支援技術動向
世界規模での環境規制が相次いで打ち出される中で、食品産業に関わる企業にとって排水処理、廃棄物処理、悪臭対策などの環境対策は、企業イメージや日本が標榜する循環型社会構築の観点からも避けては通れない優先課題になっている。食品リサイクル法では、2006年度から年100トン以上食品廃棄物を排出する事業者に対して20%以上のリサイクル率向上が義務付けられており、また、2004年度からは第5次水質総量規制がスタートする。これに伴って、環境関連技術の市場規模は拡大傾向にあり、汚泥の減容化やゼロエミッションに対応した環境関連技術も登場している。本稿では、食品業界が置かれている環境問題を踏まえ、排水処理、廃棄物処理、悪臭対策の現状と支援技術動向を紹介。


●食品業界の環境対策に技術貢献する企業群1
ハイモ
クラレ
アクアス
エイブル
三菱化工機
・バチルテクノコーポレーション
神鋼パンテツク
第一環境アクア
環境エンジニアリング

●食品業界の環境対策に技術貢献する企業群2
ミューカンパニーリミテド
・無臭元工業
ユニバース開発
バイオキャリアテクノロジー
ファイン・ツー

関連記事

  1. 【N-tecレポ】ますます重要になる安全性・有用性のエビデンスの…
  2. 特別レポート GRINDSTED pectin 「SF EXTR…
  3. 【技術レポ】消費者を基盤とした商品開発とそのおいしさの評価プロセ…
  4. 食品の健全な表示を確保するために
  5. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う(愛媛…
  6. 【4月号】食品の付加価値を高める分離・ろ過技術
  7. 食品色素の市場動向
  8. 【8月号】食の安全・安心とエコで注目高まる鮮度保持技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP