未分類

食品分野における画像処理・文字検査装置の最新動向

拡大する画像処理システムの需要
画像処理技術は近年、食品の生産現場において目視検査にとってかわる外観および文字検査に不可欠な技術として普及し始めている。ここ数年、食品における異物混入事故や虚偽表示が社会問題になり、改めてクローズアップされているのが精度の高い検査、品質管理を実現する画像処理技術である。消費者やスーパー、コンビニが食の安全に対して厳しい目を向ける中で、食品業界では、規模の大小にかかわらず品質管理、品質表示の重要性が認識され、経営規模に見合った操作性、コストパフォーマンスを見極めた上で、最適な画像処理装置や文字検査装置を導入する動きが広がっている。本稿では、食品の異物混入問題、JAS法改正に伴う食品表示制度等の動きを踏まえ、多様化・高度化する検査ニーズに対応した画像処理システム、文字検査装置の最新動向を紹介する。


●有力画像処理、文字検査装置メーカー
オムロン
キリンテクノシステム
日本電産トーソク
日流機工
コグネックス
アイオ
オリンパス光学工業

関連記事

  1. 【市場動向】機能性甘味料の最新市場動向
  2. ラベル・ラベラー、印字・印字検査装置の最新動向
  3. 【9月号連載】■機能性食品開発のための知財戦略(9)
    食品…
  4. 【支援技術】食の安全を守るための異物混入防止対策
  5. 地域農産物活用のための高機能食品開発プロジェクト研究を追う
  6. ●日中友好30周年にビジネスチャンスの拡大を
  7. 【素材レポ】冷凍生地用酵素製剤の開発とその効果
  8. 多様化・高度化が進む食品分野での分離・濾過技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP