バックナンバー

最新の食品成分分析技術

食品の品質要求が高まる中、主要成分はもちろん、有用または有害な微量成分の分析機会も確実に増えており、使い易く、迅速かつ環境負荷の少ない分析技術のニーズが拡がっている。
食品の栄養成分分析をめぐる話題では、第6次改定栄養所要量の導入や、五訂日本食品標準成分表の発表、保健機能食品制度の導入、新JAS法に基づく自社での格付け(成分分析)の必要性は確実に高まっているといえる。
本稿では食品成分分析をめぐる環境変化と分析技術の動向についてみていく。


●注目の企業1
アクタック
アムコ
ケツト化学研究所
住化分析センター
なかやま理化製作所
・日本アナリスト
日本シーベルヘグナー
日本ダイオネクス
日本ビュッヒ

●注目の企業2
野村化学
・フォスジャパン
ユラボジャパン
ワイエムシイ

関連記事

  1. 【2018年10月号・特集】超高齢化社会に対応した食品開発
  2. 【2016年11月号・特集】次世代型発酵・熟成食品の開発を目指し…
  3. 【9月号特集】食品加工の新技術
  4. 膜技術による新食品の創造と今後の展開
  5. 【2023年4月号】特集/精密発酵・細胞培養による食品素材開発
  6. 【11月号】高品質食品開発のための製造加工技術
  7. HACCPシステム再考
  8. 食品産業のISO認証取得の動きと審査・コンサル機関

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP