技術・機器の記事

電解水セミナー HACCP制度化とJIS規格制定で普及拡大に弾み

一般社団法人日本電解水協会主催による第9回電解水セミナーが11月28日に都内で開催され、定員150人を超える参加があった。

協会代表理事の川田勝大氏は、冒頭あいさつで、今年のトピックスとして次亜塩素酸水(電解水)が有機栽培資材として農水省より3月に指定されたことを報告。10月には次亜塩酸水生成装置のJIS規格が制定されたことも報告され、1987年に強酸性電解水生成装置が誕生して30周年という節目を迎え、医療、食品、農業分野への普及拡大にさらに尽力していきたいと話した。

セミナーでは9人の演者が登壇。日本食品衛生協会HACCP普及指導員の金盛幹昌氏は次亜塩素酸水のHACCPへの応用と効果について、同協会・食品顧問の田中秀幸氏はHACCPの現状と今後について講演するなど、来年に迫ったHACCP制度化における次亜塩素酸水のプレゼンス向上と可能性にフォーカスを当てた。

今年10月の次亜塩素酸水生成装置のJIS制定については、同協会顧問の両角久氏より申請の経緯が報告された。JIS化のポイントは、装置の性能と安全性、生成水の性能と安全性、電極の性能と安全性。「JISは製品の性能と安全性に関しての規格基準で、食品添加物や消毒資材として認可されることではない」と付け加えている。JIS適用範囲は、電気分解の技術を用いて食品添加物の指定を受けた“次亜塩素酸水”を含む、次亜塩素酸を含有する水を生成する装置とし、有効塩素濃度は10mg/Kg~100mg/Kg、pH2.2~8.6、殺菌性能は大腸菌、ブドウ球菌6log以上としている。

次亜塩素酸水は2014年に特定農薬としての認可も受けており、同協会・農業委員長の石渡幸則氏を筆頭に注力している農場HACCPおよびGAP認証と次亜塩素酸水の有効活用の研究報告も行われた。

 

 

関連記事

  1. 大型液晶でpHと温度を同時に表示
    IP67準拠の防塵・防水…
  2. 品質管理業務効率化を目指した帳票のデジタル化を提案
  3. 簡単に食品解析が行えるハイパースペクトルカメラ発売
  4. 電力費をはじめトータルコストの大幅削減で国内外の民需・官需で導入…
  5. 高含油食品の連続粉砕を可能にした粉砕機を開発
  6. プラグ、消費者のパッケージデザイン好意度をAIで予測
    パ…
  7. 30種類以上の天然素材を利用した消臭システムにコンパクトタイプ登…
  8. 防水型デジタル温度計に無線通信モデルを追加

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP