技術・機器の記事

中小企業のHACCP導入をスムーズにするクラウドサービス

三菱総合研究所ではHACCPに関わる文書、帳票の作成やその運用実績の記録を支援するクラウドサービス「HACCPナビ」を発売した。

機能としては、大きく3つ、
①ハザードデータベース
②文章作成
③記録機能
があり、文章作成や記録の負担軽減に役立つ。

ハザードデータベースからは随時必要なデータを参照し、科学的に根拠を持つ危害要因分析リスト及びHACCPプランを作成することができる。必要な様式、書式の作成例が参照でき、誰でも簡便に書類の作成が可能になる。また遠隔の事業所や工場からも随時、記録、モニタリング、情報の共有が可能になる。

関連記事

  1. 独自近赤外線技術で異物検出・除去から品質管理まで実現
  2. データ解析機能付きATPふき取り検査キット発売
  3. 製品液同士での熱交換を可能にした熱再生型シェル&チューブ熱交換器…
  4. 高性能フィルタープレスの食品製造業での導入が進展
  5. 軟質から中硬質までの多様な原料の破砕に最適な衝撃式破砕機
  6. 分散・乳化・混合・脱泡が1台で可能なコンタミレスのAll in …
  7. HACCP対応IoTシステムの提案を開始
    複数箇所温度デ…
  8. 安全性に優れる防虫対策忌避ラインテープの販促加速

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP