技術・機器の記事

中小企業のHACCP導入をスムーズにするクラウドサービス

三菱総合研究所ではHACCPに関わる文書、帳票の作成やその運用実績の記録を支援するクラウドサービス「HACCPナビ」を発売した。

機能としては、大きく3つ、
①ハザードデータベース
②文章作成
③記録機能
があり、文章作成や記録の負担軽減に役立つ。

ハザードデータベースからは随時必要なデータを参照し、科学的に根拠を持つ危害要因分析リスト及びHACCPプランを作成することができる。必要な様式、書式の作成例が参照でき、誰でも簡便に書類の作成が可能になる。また遠隔の事業所や工場からも随時、記録、モニタリング、情報の共有が可能になる。

関連記事

  1. FDA CFR Part113 対応デジタル式温度表示計水銀温度…
  2. 軟包装用のガス式無菌充填包装システムの受注活動を加速
  3. AI技術活用の商品需給計画システムを導入
    計画主導型ロジ…
  4. LEDを採用した最新の高機能捕虫器を相次ぎ投入
  5. 独自近赤外線技術で異物検出・除去から品質管理まで実現
  6. 不快な臭いがよい香りに変化
    ―裾野広がるシキボウの消臭加工…
  7. MORESCO 従来にない極小サイズのナノ化を実現~機能性成分の生体利用率向上
  8. HACCP対応IoTシステムの提案を開始
    複数箇所温度デ…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP