技術・機器の記事

中小企業のHACCP導入をスムーズにするクラウドサービス

三菱総合研究所ではHACCPに関わる文書、帳票の作成やその運用実績の記録を支援するクラウドサービス「HACCPナビ」を発売した。

機能としては、大きく3つ、
①ハザードデータベース
②文章作成
③記録機能
があり、文章作成や記録の負担軽減に役立つ。

ハザードデータベースからは随時必要なデータを参照し、科学的に根拠を持つ危害要因分析リスト及びHACCPプランを作成することができる。必要な様式、書式の作成例が参照でき、誰でも簡便に書類の作成が可能になる。また遠隔の事業所や工場からも随時、記録、モニタリング、情報の共有が可能になる。

関連記事

  1. 紙・プラ代替素材「LIMEX」の用途開発で基本合意
    LIM…
  2. 微生物製剤とオゾンの併用で高効率に食品加工場・厨房の環境改善
  3. 鮮度保持とHACCP制度化で注目
    窒素ガス発生装置と除菌フ…
  4. 製品液同士での熱交換を可能にした熱再生型シェル&チューブ熱交換器…
  5. 帳票ペーパーレス化で業務効率を向上
    HACCP支援のWeb…
  6. インクジェットプリンター搭載ベルトシーラー発売
  7. HACCP対応IoTシステムの提案を開始
    複数箇所温度デ…
  8. 工場内感染予防に効果「エアーサプリ」を開発
    -ヒノキチオー…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP