未分類

食品産業における用水と排水の最新動向

良質な水を多量に必要とする食品・飲料産業にとってどんな水を使うかは、今や原料の問題以上に重要な意味を持つと言われる。目的に合わせて水をデザインする機能水の重要性は急速に高まっており、食品業界でも膜処理水の導入や除菌・洗浄機能を持つ水、微弱エネルギー処理をした水の利用が進んでいる。 一方、食品産業における排水処理は、地球環境に対する世界的な意識の高まりを背景に規制は年々厳しさを増しており、いかに環境対策に取り組んでいるかが企業姿勢として今問われている。食品工場でもISO14000に取り組む企業が増加しているが、水のリサイクルなど資源の活用についても一般的となってきた。本稿では、食品産業における水処理技術の最新動向を、用水(機能水)と排水(廃水)の両面から紹介し、併せて高精度化が進む各種水質検査の動向を探る。


●注目の企業1
笠原理化工業
東亜ディーケーケー
ハイモ
第一環境アクア
エイブル
積水アクアシステム
三菱化工機
・バチルテクノコーポレーション
環境エンジニアリング

●注目の企業2
日華実業
ティ・エム・エッチ
クラレ
ケイエルプラント
・無臭元工業

関連記事

  1. 【品質・安全】食の安全を認証システムから考える
  2. 未曾有の経済危機に食品業界はどう向き合うのか
  3. 【5月号連載】技術シリーズ3 機能性食品素材開発におけるディスク…
  4. 【素材レポ】コラーゲン・トリペプチドの変形性膝関節症に対する有用…
  5. 【市場動向】健康機能で開発進む果実・野菜素材
  6. 【視察レポ】NATUREX社アヴィニョン本社訪問
  7. CLOSE UP
  8. フレーバーから探る2005年食品トレンド

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP