毎月の連載記事

【6月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(32)
機能性表示食品の届出・受理の現状

――ここでは雑誌に掲載した内容の一部を紹介いたします。

機能性表示食品の発売動向を追う(32)機能性表示食品の届出・受理の現状

機能性表示食品の受理件数は、4月30日現在で1,286件となった。4月1日〜4月30日までの受理製品は18件。この1ヶ月間の企業の新規受理は5社で、4月末時点での受理企業の総数は381社となった。

ありだ農業協同組合の「有田みかん」(関与成分:β-クリプトキサンチン)が受理され、生鮮食品の受理はこれで15件となった。新規では春日井製菓が「ノンシュガーGABA(ギャバ)レモンのど飴」で初受理されたほか、健美舎が「ブルーベリーエキス粒」、三興物産が「セラミド」(関与成分:パイナップル由来グルコシルセラミド)、崎山 和章が「GABA(ギャバ)もろみ酢」、つうはん本舗が「HMB for(エイチエムビー フォー)シニア」で初受理された。

―以下、続きは月刊『食品と開発』6月号にてご覧ください。
ご購読をご検討の方は⇒ 購読に関する問い合わせ

関連記事

  1. 【1月号連載】技術シリーズ1 分離・精製による素材開発・製品改良…
  2. 【7月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(33)
    機…
  3. 【5月号連載】技術シリーズ3 機能性食品素材開発におけるディスク…
  4. 【1月号連載】三拍子戦略を基本とした沖縄産健康食品のブランド力強…
  5. 【8月号連載】産学官シリーズ60 世界遺産からの自然の恵み「弘前…
  6. 【6月号連載】産学官シリーズ59 スタートから2年目を迎えた民間…
  7. 【9月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(35)
    機能…
  8. 【4月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(30)
    機能…

食品開発展 10/3~5 開催

PAGE TOP