未分類

【6月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(32)
機能性表示食品の届出・受理の現状

――ここでは雑誌に掲載した内容の一部を紹介いたします。

機能性表示食品の発売動向を追う(32)機能性表示食品の届出・受理の現状

機能性表示食品の受理件数は、4月30日現在で1,286件となった。4月1日〜4月30日までの受理製品は18件。この1ヶ月間の企業の新規受理は5社で、4月末時点での受理企業の総数は381社となった。

ありだ農業協同組合の「有田みかん」(関与成分:β-クリプトキサンチン)が受理され、生鮮食品の受理はこれで15件となった。新規では春日井製菓が「ノンシュガーGABA(ギャバ)レモンのど飴」で初受理されたほか、健美舎が「ブルーベリーエキス粒」、三興物産が「セラミド」(関与成分:パイナップル由来グルコシルセラミド)、崎山 和章が「GABA(ギャバ)もろみ酢」、つうはん本舗が「HMB for(エイチエムビー フォー)シニア」で初受理された。

―以下、続きは月刊『食品と開発』6月号にてご覧ください。
ご購読をご検討の方は⇒ 購読に関する問い合わせ

関連記事

  1. 薬から食品へ、変わる小売業の“顔”
  2. 【9月号】スーパーフルーツ素材の市場動向
  3. 【市場動向】健康食品の市場動向と素材・技術研究1
  4. 平成17年国民健康・栄養調査結果の概要
  5. 健康食品の市場動向と素材・技術研究 1
  6. 未曾有の経済危機に食品業界はどう向き合うのか
  7. 今週の食人(Shoku-Nin)シリーズ2
  8. 【支援技術】食品の高品質化・環境対策で利用進む乾燥技術

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP