関連トピックス

デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに売却

デュポン ニュートリション&ヘルスでは、同社のアルギン酸事業をJRS Groupに売却することを発表した。

対象となるアルギン酸事業は、アルギン酸純品、緩衝塩含有アルギン酸、ペクチン-アルギン酸ブレンドの特殊ポートフォリオ、関連のランデルノー生産拠点、および顧客が含まれる。

JRS Group(J. RETTENMAIER & SÖHNE Group)は、植物性の原材料を主原料とする機能性添加物の大手メーカーで、セルロース、植物由来の食物繊維素材などを製造・販売している。デュポンは2017年にFMCヘルス&ニュートリションを買収したが、その際には本件の売却が条件となっていた。

今後、デュポンN&H、FMC H&N、Dow Food & Pharmaが組み合わされた新しい体制で、食品原料、医薬品、添加物市場に独自サービスを提供していく。

 

関連記事

  1. カカオプロテインが腸内のフィーカリバクテリウムの増殖を促進し便通…
  2. 【米国スーパー視察】植物性ミルク製品の多彩な品揃え
  3. 小麦ブランとバーリーマックスを配合した“進化形シリアル”
  4. 厚生労働省、第四次「消除予定添加物名簿」候補68品目を再調査―申…
  5. 消費者庁、遺伝子組換え食品のパブコメ開始 混入率が不検出~5%以…
  6. デュポン、イノベーション&アプリケーションセンター竣工式
  7. 国際汎用添加物、未指定3品の取組中断を公表
  8. 三井製糖―スローカロリーシュガーを“次世代の砂糖”と位置付け積極…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP