関連トピックス

デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに売却

デュポン ニュートリション&ヘルスでは、同社のアルギン酸事業をJRS Groupに売却することを発表した。

対象となるアルギン酸事業は、アルギン酸純品、緩衝塩含有アルギン酸、ペクチン-アルギン酸ブレンドの特殊ポートフォリオ、関連のランデルノー生産拠点、および顧客が含まれる。

JRS Group(J. RETTENMAIER & SÖHNE Group)は、植物性の原材料を主原料とする機能性添加物の大手メーカーで、セルロース、植物由来の食物繊維素材などを製造・販売している。デュポンは2017年にFMCヘルス&ニュートリションを買収したが、その際には本件の売却が条件となっていた。

今後、デュポンN&H、FMC H&N、Dow Food & Pharmaが組み合わされた新しい体制で、食品原料、医薬品、添加物市場に独自サービスを提供していく。

 

関連記事

  1. 厚生労働省―15年ぶりの食品衛生法改正に対する提言をとりまとめ
  2. 食品・機能性素材、食品関連技術などの話題を無料配信!
  3. 委託先処理状況の確認義務違反で食品廃棄物等排出事業者名の公表
  4. 「食品ITフェア2019」を3月5日・8日に開催
     話題R…
  5. ギリシャ古来のスーパーフード「ヒオス島産マスティハ」の
    口…
  6. 新規指定に向け殺菌料「二炭酸ジメチル」の安全性を評価
    ―食…
  7. 穀類由来の食物繊維が、食物繊維摂取量増加の鍵
     ―小麦ブ…
  8. 家庭での介護食づくりにぜひ生かしてほしいトレハロース
    ―…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP