関連トピックス

デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに売却

デュポン ニュートリション&ヘルスでは、同社のアルギン酸事業をJRS Groupに売却することを発表した。

対象となるアルギン酸事業は、アルギン酸純品、緩衝塩含有アルギン酸、ペクチン-アルギン酸ブレンドの特殊ポートフォリオ、関連のランデルノー生産拠点、および顧客が含まれる。

JRS Group(J. RETTENMAIER & SÖHNE Group)は、植物性の原材料を主原料とする機能性添加物の大手メーカーで、セルロース、植物由来の食物繊維素材などを製造・販売している。デュポンは2017年にFMCヘルス&ニュートリションを買収したが、その際には本件の売却が条件となっていた。

今後、デュポンN&H、FMC H&N、Dow Food & Pharmaが組み合わされた新しい体制で、食品原料、医薬品、添加物市場に独自サービスを提供していく。

 

関連記事

  1. デュポン、充実したシニアライフのための食品・飲料開発セミナーを1…
  2. 一丸ファルコス、白井松新薬を完全子会社化
  3. ツバメの巣エキスにおいて、タイトジャンクションの形成を促進し、皮…
  4. 動物性原材料不使用の業務用「ベジラーメンスープ とんこつ風」新発…
  5. ギリシャ古来のスーパーフード「ヒオス島産マスティハ」の
    口…
  6. 混合型カロテノイドがヒトの皮膚をUVA 誘発色素沈着とUVB誘発…
  7. FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)開催
    過去…
  8. 豆乳は様々な用途に広がり生産量は順調-各社の新製品も続々

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP