関連トピックス

デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに売却

デュポン ニュートリション&ヘルスでは、同社のアルギン酸事業をJRS Groupに売却することを発表した。

対象となるアルギン酸事業は、アルギン酸純品、緩衝塩含有アルギン酸、ペクチン-アルギン酸ブレンドの特殊ポートフォリオ、関連のランデルノー生産拠点、および顧客が含まれる。

JRS Group(J. RETTENMAIER & SÖHNE Group)は、植物性の原材料を主原料とする機能性添加物の大手メーカーで、セルロース、植物由来の食物繊維素材などを製造・販売している。デュポンは2017年にFMCヘルス&ニュートリションを買収したが、その際には本件の売却が条件となっていた。

今後、デュポンN&H、FMC H&N、Dow Food & Pharmaが組み合わされた新しい体制で、食品原料、医薬品、添加物市場に独自サービスを提供していく。

 

関連記事

  1. 最近の行政ニュース(~7/6)
  2. 消費者庁、遺伝子組換え食品のパブコメ開始 混入率が不検出~5%以…
  3. 混合型カロテノイドがヒトの皮膚をUVA 誘発色素沈着とUVB誘発…
  4. ドイツでHi Europe 2018 開催、Fiber(食物繊維…
  5. BASF とGlycosyn、知的財産権の保護に成功
  6. 渡辺ケミカル、創業70年を機に事業開発室を新設
  7. 厚生労働省―15年ぶりの食品衛生法改正に対する提言をとりまとめ
  8. IoTや計量制度改正に関する情報を提供
    食品メーカー関係…

おすすめリンク先

PAGE TOP