関連トピックス

デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに売却

デュポン ニュートリション&ヘルスでは、同社のアルギン酸事業をJRS Groupに売却することを発表した。

対象となるアルギン酸事業は、アルギン酸純品、緩衝塩含有アルギン酸、ペクチン-アルギン酸ブレンドの特殊ポートフォリオ、関連のランデルノー生産拠点、および顧客が含まれる。

JRS Group(J. RETTENMAIER & SÖHNE Group)は、植物性の原材料を主原料とする機能性添加物の大手メーカーで、セルロース、植物由来の食物繊維素材などを製造・販売している。デュポンは2017年にFMCヘルス&ニュートリションを買収したが、その際には本件の売却が条件となっていた。

今後、デュポンN&H、FMC H&N、Dow Food & Pharmaが組み合わされた新しい体制で、食品原料、医薬品、添加物市場に独自サービスを提供していく。

 

関連記事

  1. 豆乳 食育の観点から、スポーツ後に植物性たん白質である豆乳の摂取を推進…
  2. 築野食品工業、⽶ぬかの研究開発拠点となるTIWセンターを設⽴
  3. 最近の行政ニュース(~7/6)
  4. ヘスペリジンの機能性研究披露と地域の柑橘紹介―ヘスペリジン研究会…
  5. 太陽化学、ICoFF2019でグアーガム分解物の腸内環境への影響…
  6. グローバルトレンドのクリーンラベルに関する無料オンラインセミナー…
  7. 結晶セルロース HACCP制度化を踏まえた衛生管理の改善事例を学ぶ
  8. 林原、来年2月に“食の安全・健康情報”に関するセミナーを開催

おすすめリンク先

PAGE TOP