関連トピックス

デュポン N&H、アルギン酸事業をJRS Groupに売却

デュポン ニュートリション&ヘルスでは、同社のアルギン酸事業をJRS Groupに売却することを発表した。

対象となるアルギン酸事業は、アルギン酸純品、緩衝塩含有アルギン酸、ペクチン-アルギン酸ブレンドの特殊ポートフォリオ、関連のランデルノー生産拠点、および顧客が含まれる。

JRS Group(J. RETTENMAIER & SÖHNE Group)は、植物性の原材料を主原料とする機能性添加物の大手メーカーで、セルロース、植物由来の食物繊維素材などを製造・販売している。デュポンは2017年にFMCヘルス&ニュートリションを買収したが、その際には本件の売却が条件となっていた。

今後、デュポンN&H、FMC H&N、Dow Food & Pharmaが組み合わされた新しい体制で、食品原料、医薬品、添加物市場に独自サービスを提供していく。

 

関連記事

  1. 林原、トレハロースシンポジウムを11/9に開催
  2. デュポン、プロバイオティクス発酵製造設備を拡張、供給能力がさらに…
  3. 日本豆乳協会、2019年4-6月期の豆乳類の生産量が10万kL超…
  4. 新規指定に向け殺菌料「二炭酸ジメチル」の安全性を評価
    ―食…
  5. 東洋新薬、九州大学との連携契約締結
  6. 植物由来タンパクの世界的供給国を目指す―カナダ・プロテイン産業協…
  7. 家庭での介護食づくりにぜひ生かしてほしいトレハロース
    ―…
  8. キユーピーの仙川キユーポート内の社員食堂が「健康な食事・食環境」…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP