食品素材の記事

尿酸値上昇抑制作用で機能性表示を目指す「アンセリン」

焼津水産化学工業のアンセリン含有素材「マリンアクティブ®10」は、マグロ・カツオ由来の素材で、ヒト試験により尿酸値上昇抑制作用や抗疲労作用が確認されている。

特に尿酸値上昇抑制作用については健常人による新たなデータを取得しており、本データが本年5月に「応用薬理」誌に査読付き論文として掲載されている。

試験は65歳未満の成人男女80名を対象に実施し、アンセリン50 mg/日の摂取で、4週間後と12週間後においてプラセボと比較して血清尿酸値は有意に低値となった。また、摂取12週間後におけるプリン体負荷240分後において、摂取群の血清尿酸値はプラセボ比で有意に抑制されたことから、アンセリンの継続摂取により食後の尿酸値上昇を抑制する作用がある事も示唆された。

同社ではこの研究結果を受け、SRとして機能性表示に向けた動きを進めている。顧客の反応は良く、既に検討を進めている企業もあるという。

関連記事

  1. お湯で割るだけで簡単、業務用本格ラーメンスープ「とんこつ」拡充
  2. 有胞子性乳酸菌「スポルス®」の便秘改善効果を確認
  3. 体脂肪減少に役立つアマチャヅル抽出物発売
  4. 稲畑香料、ルテインとゼアキサンチン含む高濃度タイプ原料を上市へ
  5. イングレディオン、米由来の加工でん粉をフィリング等に提案
  6. ライコレッド、リコピンについて学べる「リコペディア」開設
  7. オリザ油化、マキベリーエキスのドライアイ改善作用に関する臨床試験…
  8. 東北製薬グループが合弁でソルビトール生産へ
    自社のビタミン…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP