食品素材の記事

減塩―つけすぎない工夫も大事

米国の展示会IFTでは、植物性たん白やグルテンフリー、クリーンラベルの勢いほどではないが、減塩についても各所で提案がみられた。

そのなかで、日本からの出展企業「キミカ」では、アルギン酸のパンへの利用提案とともに、アルギン酸の泡保持能力を活かして、泡しょうゆをサンプル展示していた。泡が長持ちし、つぶれにくいため、醤油の漬け過ぎを防ぐこともできる。

 

■40%の減塩でも醤油は美味しい
シアトルの某スーパーで購入したパック寿司(にぎり、細巻)には、40%減塩の醤油がついていた。SUSHIも意外と美味しかったんだが、海苔があまりおいしくなく、古っぽい味がして細巻の美味しさを損なっていたのが大変残念だった。

■大阪で流行? 泡で食べる餃子
日本でも泡しょうゆが出ているが、最近は大阪で「餃子用の泡状のタレ」が流行っているんだとか。クリーミーな泡で、大変話題になっている。

もし泡状の製品をご検討の場合には、食品と開発の2016年8月号で、「泡の新しいアプリケーション」を特集しています。ご参考ください。

関連記事

  1. イングレディオン、米由来の加工でん粉をフィリング等に提案
  2. 肌と毛髪の美容・アンチエイジング素材として提案
  3. 扶桑化学工業、果実酸類4月から値上げ
  4. スパイスで認知症予防を考える
    ―ウコン由来ターメロン、ゴ…
  5. DKSHジャパン、はじけるキャンディーのバルク供給を開始
  6. 鶏プラズマローゲンの認知機能改善で新知見―丸大食品
  7. スイス・ホーファー社ナラの木由来の特許素材「ロブビット」の供給へ…
  8. 日成共益、ソーマチン製剤の日本市場へ

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP