食品素材の記事

プロテイン製品のマスキングに「マスキング フレーバー」

小川香料の販売する天然抽出物を利用した「マスキング フレーバー」は、機能性素材などの不快な風味をマスキングすることで、おいしく続けて摂取できる製品の開発に役立てられる。

特に、プロテインの後味を改善して飲みやすく連食性の高い製品を作ることができる。プロテイン製品の市場が伸長していることもあり、プロテイン製品でのニーズは高く、利用提案を進めている。また、乳たん白だけでなく大豆やエンドウなど植物性たん白にも対応し、アミノ酸等他の機能性素材にも展開していく。

なお、スポーツ飲料等の設計で高甘味度甘味料を使用する場合には、風味の最適化が可能な「スィートナーオプティマイザー®」を紹介。プロテイン製品では珍しい炭酸系の製品(サイダー味など)の処方も提案しており、すっきり感や冷涼感の付与、炭酸感アップに貢献する「カーボセーション®フレーバー」も揃えている。

関連記事

  1. フラウス―高純度フコキサンチンを本格供給へ
  2. 「小林HMBCa」、原材料としてインフォームド・チョイス認証を取…
  3. 丸紅ケミックス、中国新興メーカーのビタミンCを展開へ
  4. アメリカ産フレッシュブルーベリーの生産は良好に推移
  5. 風味を維持・健康効果も期待できるスイカ抽出物を発売
  6. 東洋新薬、大麦若葉末の腸内細菌叢改善作用を確認
    ―東京大…
  7. お湯で割るだけで簡単、業務用本格ラーメンスープ「とんこつ」拡充
  8. デュポン、複数菌株・高用量のプロバイオティクス製剤の メリットを…

おすすめリンク先

 食品開発展
 Hi ヘルスイングリディエンツ ジャパン
 FiT フード・テイスト ジャパン
 S-tec セーフティ&テクノロジー ジャパン
 NEW LLj フードロングライフ ジャパン
   
 開催:11月16日(月)~18日(水)
 東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP