食品素材の記事

プロテイン製品のマスキングに「マスキング フレーバー」

小川香料の販売する天然抽出物を利用した「マスキング フレーバー」は、機能性素材などの不快な風味をマスキングすることで、おいしく続けて摂取できる製品の開発に役立てられる。

特に、プロテインの後味を改善して飲みやすく連食性の高い製品を作ることができる。プロテイン製品の市場が伸長していることもあり、プロテイン製品でのニーズは高く、利用提案を進めている。また、乳たん白だけでなく大豆やエンドウなど植物性たん白にも対応し、アミノ酸等他の機能性素材にも展開していく。

なお、スポーツ飲料等の設計で高甘味度甘味料を使用する場合には、風味の最適化が可能な「スィートナーオプティマイザー®」を紹介。プロテイン製品では珍しい炭酸系の製品(サイダー味など)の処方も提案しており、すっきり感や冷涼感の付与、炭酸感アップに貢献する「カーボセーション®フレーバー」も揃えている。

関連記事

  1. グルコサミンで膝関節の可動性をサポート
    プロテインケミカル…
  2. テルヴィス、ベルガモットエキスをスポーツニュートリションとして提…
  3. 北海道産の「赤ビーツ」パウダーの原料販売を開始
  4. 備前化成、高純度かつ安定性に優れたEPA素材「EPA70 BAP…
  5. 清水化学、顆粒タイプのグルコマンナン100%製品をラインアップ
  6. サンエフ、マコモ抽出物を“飲む抗しわ素材”として提案
  7. グルコモリンギンのQOL向上作用-肩こり・首の痛み、関節痛、女性…
  8. 日成共益、ソーマチン製剤の日本市場へ

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP