食品素材の記事

プロテイン製品のマスキングに「マスキング フレーバー」

小川香料の販売する天然抽出物を利用した「マスキング フレーバー」は、機能性素材などの不快な風味をマスキングすることで、おいしく続けて摂取できる製品の開発に役立てられる。

特に、プロテインの後味を改善して飲みやすく連食性の高い製品を作ることができる。プロテイン製品の市場が伸長していることもあり、プロテイン製品でのニーズは高く、利用提案を進めている。また、乳たん白だけでなく大豆やエンドウなど植物性たん白にも対応し、アミノ酸等他の機能性素材にも展開していく。

なお、スポーツ飲料等の設計で高甘味度甘味料を使用する場合には、風味の最適化が可能な「スィートナーオプティマイザー®」を紹介。プロテイン製品では珍しい炭酸系の製品(サイダー味など)の処方も提案しており、すっきり感や冷涼感の付与、炭酸感アップに貢献する「カーボセーション®フレーバー」も揃えている。

関連記事

  1. ルテインと脳機能の関連―DSM、ルテインセミナー開催
  2. 高温で活性があるため、生地にすぐに添加して使える老化防止製剤
  3. 高吸収性クルクミン原料「BCM-95®」の大腸炎抑制効果
  4. 池田糖化工業、6-ジンゲロール、6-ショウガオールを規格化した「…
  5. 腸内環境改善とアレルギー対策で注目、大和薬品の「米ケフィラン」
  6. 林原、キレの良い苦味を表現できる柑橘由来の味質改善剤「ナリンビッ…
  7. 血流改善や抗アレルギー効果が確認されている日研フードの「静岡県産…
  8. 三菱商事ライフサイエンスの焼きあごだし 三菱商事ライフサイエンス、「だし本番® 」シリーズに焼きあごだし…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 33,000円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

食品開発展2024 出展者募集中

PAGE TOP