関連トピックス

太陽化学、SINALCO、SWEETHOUSEがアプリケーション提案で戦略的パートナーシップを構築

機能性素材の開発・可溶化技術を有する太陽化学は、ドイツ老舗飲料メーカーのSINALCO、スイートナー開発のSWEETHOUSEと3社共同で国際市場に向け、戦略的パートナーシップを構築する。

太陽化学が所有する機能性素材をメインとして機能性飲料コンセプトやアプリケーション処方を提案するなど、幅広いユーザーへの販売活動を目指す。世界的に関心の高まる減糖飲料のみならず、それぞれの得意分野を活かし、新しく革新的な飲料コンセプトを開発していくのが狙い。

今回、パートナーシップを築く3社はいずれもドイツに拠点を有する国際的な企業。太陽化学は、2012年にEMEA(欧州、中東、アフリカ)地域の販売拠点としてドイツにTaiyo GmbH を設立し、水溶性食物繊維「サンファイバー(Sunfiber®)」や緑茶抽出物「サンフェノン(Sunphenon®)」、機能性素材を可溶化した「サンアクティブ(SunActive®)」、L-テアニン「サンテアニン(Suntheanine®)」などを展開している。

また、SINALCOは、リモネードやコーラ、フルーツスプリッツァー、ミネラルウォーターなど、飲料カテゴリーで幅広い製品ポートフォリオを持ち、欧州、南米、中東など40カ国以上で展開する老舗ブランド飲料メーカー。SWEETHOUSEは戦略パートナーシップの第3のメンバーで、砂糖代替品や糖類の削減に特化しており、さまざまなコンセプトと製品を提供している。

ドイツ周辺の減糖政策として、ポルトガル、フランス、アイルランド、ハンガリー、イギリスなどの国々が、砂糖に税金を課し始めている。今回の戦略的パートナーシップについて、減糖飲料を開発することは主要な焦点であるものの、健康上でさらにメリットがある飲料を開発することも重要な目標である、としている。

とりわけ、飲料の味、それに含まれる成分、および消費者の健康に対するそれらの影響はますます関連する問題であると捉えている。新しい飲料のコンセプトはすでに実践中で、近く展示会等で披露される予定。

関連記事

  1. 消費者庁、遺伝子組換え食品のパブコメ開始 混入率が不検出~5%以…
  2. 営業許可・届出業種を整備へ―厚労省、食品の営業規制に関する検討を…
  3. 植物性たん白素材が拡大―IFT 米国食品素材見本市
  4. HACCP制度化を踏まえた衛生管理の改善事例を学ぶ
  5. ヘスペリジン研究会、生鮮柑橘類や育種・生産者を取り込み広い視野で…
  6. 【米国スーパー視察】植物性ミルク製品の多彩な品揃え
  7. 渡辺ケミカル、創業70年を機に事業開発室を新設
  8. 様々な分野で多彩な機能の研究が進む―第22回 トレハロースシンポ…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

より付加価値の高い製品開発に―日本ウォーターズ株式会社
PAGE TOP