毎月の連載記事

【11月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(37)
機能性表示食品の届出・受理の現状

――ここでは雑誌に掲載した内容の一部を紹介いたします。

機能性表示食品の発売動向を追う(37)機能性表示食品の届出・受理の現状

機能性表示食品の受理件数は、9月末現在で1,422件となった。9月1日〜9月30日の受理件数は65件で表1(※ここでは割愛、雑誌には掲載)のとおり。

ここ数カ月は、ひと月ごとの受理件数が少ない傾向にあったが、9月はかなり多くの製品が受理された。初機能も見受けられ、ファンケル「尿酸サポート」(関与成分:アンペロプシン・キトサン)は尿酸値関連で初の受理となった。新規の関与成分としては、レッドファーム「極 赤汁」の硝酸塩(硝酸イオンとして)、えひめ飲料「POM(ポン)アシタノカラダ 河内晩柑(かわちばんかん)ジュース」のオーラプテン、協同乳業「LKM(エルケイエム)512ヨーグルト100g」のビフィズス菌LKM512が受理されている。サントリーウエルネス「サントリー オメガエイド」はDHAとEPAに加え、ARA(アラキドン酸)を伴っているのも新しい。

新規企業も極めて多い月となった。ハリウッド「メイス ビオラクティ」、Rise UP「花摘青汁+GABA(プラスギャバ)」、ワダカルシウム製薬「アルークHMB」、はぐくみプラス「パパフレ」、ボーテサンテラボラトリーズ「げんび」、シーナコーポレーション「アルケルトEX」、ファイテン「ファイテン ヒザシャキ」「ファイテン シボヘリーナ」、日本製紙「日ノ茜PLUSスティック20P」、メロディアンハーモニーファイン「黒酢希釈用飲料」、サロンドロワイヤル「SALA CHOCO」、日油「NISSAN GENIE ホスファチジルセリン(PS)」、ティー・マーク「DHA&EPA オメガ」、喜界島薬草農園「島の太陽と潮風で育った青汁」、ピルボックスジャパン「Lovet(ラヴェット)」、ラクトライフ「おなかのパートナー」、フヨウサキナ「サキナ ローズヒップ」など、22社となっている。

なお、生鮮食品では、Tファームいしいのトマト「ひなとまGABA ミディとまと(フルティカ)」と、紀南農業協同組合の「紀南みかん」がともに初受理となり、これにより生鮮食品の合計が17品目となった。

一方、9月7日付でライオンの「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」という届出番号「A1」の商品の届出取り下げが受理された。機能性表示食品制度で第1号の受理だったが、販売終了となるため取り下げた。なお同社では今年5月18日に「腸まで届けるナイスリムエッセンス ラクトフェリン」(D23)が受理されている。

――以下、続きは月刊『食品と開発』11月号にてご覧ください。
ご購読をご検討の方は⇒ 購読に関する問い合わせ

関連記事

  1. 【5月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(31)
    機能…
  2. 【6月号連載】産学官シリーズ59 スタートから2年目を迎えた民間…
  3. 【6月号連載】機能性表示食品の発売動向を追う(32)
    機能…
  4. 【1月号連載】機能性表示を巡って―第42回
    機能性表示食品…
  5. 【4月号連載】産学官シリーズ58機能性が注目される神奈川県の農水…
  6. 【2月号連載】活性炭の活用による食品素材改善やオフフレーバー除去…
  7. 【1月号連載】表示ミスを防ぐための食品表示実務の大切なポイント …
  8. 【5月号連載】技術シリーズ3 機能性食品素材開発におけるディスク…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

より付加価値の高い製品開発に―日本ウォーターズ株式会社
PAGE TOP