関連トピックス

たんぱく質やビタミンDの摂取量が焦点に
厚生労働省、第3回「日本人の食事摂取基準」策定検討会を開催

厚生労働省は9日、第3回「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会を開催し、エネルギー及び栄養素に関する基準策定の方針を公表した。

エネルギー摂取の過不足を回避する指標を設定するほか、栄養素については、過不足に関する指標に加え、生活習慣病の発症予防を目的とした量(目標量)と、重症化予防及びフレイル(虚弱)予防を目的とした量とは区別して提示する。

2015年版からの主な変更点は
①高齢者のたんぱく質の目標量(下限)を引き上げる
②骨折のリスクを考慮したビタミンDの目安量を策定する
③微量ミネラル(クロム)に関する成人の耐容上限量を新たに設定する など

ビタミンDについては、フレイル予防との関係や日照時間を考慮に入れる重要性を記述する。これまで5.5μg/日を成人の目安量としていたビタミンDの量が焦点となりそうだ。

今後、12月~2月に行われる3回の検討会を通じて報告書をとりまとめ、年度内に報告書を公表し、2019年度中に厚労省が「食事による栄養摂取量の基準」を告示する見通し。2020年度から運用を開始する(2024年まで)。

関連記事

  1. 森永乳業の「ビフィズス菌A1」の認知機能を改善する作用を確認
  2. SDGs対応とグローバル対応が業界の課題
    日包工賀詞交歓…
  3. ヘスペリジンの機能性研究披露と地域の柑橘紹介―ヘスペリジン研究会…
  4. 穀類由来の食物繊維が、食物繊維摂取量増加の鍵
     ―小麦ブ…
  5. BASF、DHA・EPA測定キットで新サービスを開始
  6. メディケアフーズ展で衛生管理視点からトータルエンジニアリングを提…
  7. 第23回トレハロースシンポジウムを11月に開催
  8. レーズンの栄養価を積極発信
    ―カリフォルニア・レーズ…

おすすめリンク先

PAGE TOP