関連トピックス

たんぱく質やビタミンDの摂取量が焦点に
厚生労働省、第3回「日本人の食事摂取基準」策定検討会を開催

厚生労働省は9日、第3回「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会を開催し、エネルギー及び栄養素に関する基準策定の方針を公表した。

エネルギー摂取の過不足を回避する指標を設定するほか、栄養素については、過不足に関する指標に加え、生活習慣病の発症予防を目的とした量(目標量)と、重症化予防及びフレイル(虚弱)予防を目的とした量とは区別して提示する。

2015年版からの主な変更点は
①高齢者のたんぱく質の目標量(下限)を引き上げる
②骨折のリスクを考慮したビタミンDの目安量を策定する
③微量ミネラル(クロム)に関する成人の耐容上限量を新たに設定する など

ビタミンDについては、フレイル予防との関係や日照時間を考慮に入れる重要性を記述する。これまで5.5μg/日を成人の目安量としていたビタミンDの量が焦点となりそうだ。

今後、12月~2月に行われる3回の検討会を通じて報告書をとりまとめ、年度内に報告書を公表し、2019年度中に厚労省が「食事による栄養摂取量の基準」を告示する見通し。2020年度から運用を開始する(2024年まで)。

関連記事

  1. 一丸ファルコス、創立60周年を機に、社名表記とロゴを刷新
  2. 太陽化学、免疫・栄養研究のため京都府立医科大学に寄付講座を開設
  3. 機能性食品に関連する研究が一堂に、「第16回ファンクショナルフー…
  4. 血管ナビ 毛細血管画像の蓄積や測定場所などを検索できるアプリ「血管ナビ」リ…
  5. 2020年度の家庭用食用油の市場規模は1,600億円を突破し、過…
  6. 明治、フラクトオリゴ糖啓発セミナーで、フラクトオリゴ糖の健康価値…
  7. トコトリエノールやオメガ3配合製剤の血圧低下・炎症抑制の機能が明…
  8. 科学的知見に基づく考え方や添加物の有用性・安全性を啓発
    日…

おすすめリンク先

PAGE TOP