関連トピックス

「食品ITフェア2019」を3月5日・8日に開催
 話題RPAの導入事例や軽減税率対策など

内田洋行は3月5日(東京)と同8日(大阪)の両日、「食品ITフェア2019」を開催する。

開催テーマは「ITの力を食品業の力に」。会場は東京が同社・本社オフィスで、大阪が同社・大阪支店。参加申し込みは事前登録制で、参加費用は無料となっている。

主な講演プログラムは以下の通り。
「RPAを利用して多様化する電子取引に対応し、受注業務の効率化に成功」
信州ハム(株)総務部 情報管理課 課長 久聡紀氏
「消費税10%・軽減税率直前対策!企業がやるべき実務を徹底チェック!」
アクタス税理士法人 代表社員 税理士 加藤幸人氏
「店舗、物流センター、工場、調達の各業務データを一元管理
~業務スピード、品質向上への挑戦!新宿高野の成長を支えるIT活用のポイントとは」
(株)新宿高野 常務取締役 髙野芳由樹氏

フェアの問い合わせは同社「食品ITフェア2019事務局」(TEL:03-6659-7083)まで。
フェアの詳細確認ならびに申込みはHP
https://www.uchida.co.jp/system/f-itfair/?ss_ad_code=F148)で行える。

関連記事

  1. クエン酸相場暴騰、国内価格改定へ
  2. 食品開発展2018、盛会裡に閉幕
  3. 「健康メディア.com」の公式アカウント(twitter)を開設…
  4. Isobionics社のバレンセン、日本国内で食品添加物として指…
  5. 大腸に関する正しい知識と対策意識の向上を目的に、「大腸劣化」対策…
  6. 物産フードサイエンス「愛知ブランド企業」に認定
  7. 健康食品の通信販売事業を開始  第1弾は「システインペプチド」
  8. 「腸内フローラと健康」市民公開講座も開設
    第22回腸内細菌…

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP