関連トピックス

国際汎用添加物、未指定3品の取組中断を公表

厚生労働省は17日、国際汎用添加物46品目のうち、これまで未指定のままとなっていた4品目中の3品目(アルミノケイ酸ナトリウム、ケイ酸アルミニウムカルシウム、酸性リン酸アルミニウムナトリウム)について指定に向けた取組を中断することを公表した。アルミニウム摂取量の低減が国際的に進められている状況や使用量の厳格化等を踏まえ、必要性が認められなくなった、としている。

国際汎用添加物は、FAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)で一定の範囲内で安全性が確認されており、かつ米国およびEU諸国等で使用が広く認められていて、国際的に必要性が高いと考えられている添加物。当初46品目をリストアップしていたが、Blackeslea triapora 由来β-カロテンは、既に指定されていたβ-カロテンと同等と判断され除外し、これまで全45品目中41品目について、国が主導で指定してきた。

今後、3品目の取組の中断について、食品衛生分科会に報告するとともに、食品安全委員会への食品健康影響評価の依頼を取り下げる。なお、残りの1品目カルミンについては、指定に向けた検討を継続する、としている。

関連記事

  1. 一丸ファルコス、公式スマートフォンアプリをリリース
  2. カフェイン代替できるマンゴー葉乾燥エキス、機能性や研究内容が認め…
  3. Roquette(ロケット)社、東京の食品技術センターを拡張
  4. 新規指定に向け殺菌料「二炭酸ジメチル」の安全性を評価
    ―食…
  5. ツバメの巣エキスにおいて、タイトジャンクションの形成を促進し、皮…
  6. 厚生労働省―15年ぶりの食品衛生法改正に対する提言をとりまとめ
  7. 営業許可・届出業種を整備へ―厚労省、食品の営業規制に関する検討を…
  8. ヘスペリジンの機能性研究披露と地域の柑橘紹介―ヘスペリジン研究会…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP