関連トピックス

味の素、植物由来の代替肉でDAIZ社へ資本参加

味の素は、植物由来の代替肉(プラントベースドミート)への取り組みの一環として、大豆由来の植物肉の開発・製造・販売を手がけるスタートアップ企業のDAIZと投資契約を締結した。投資金額は1億65,000円。DAIZ社の発芽丸大豆を使用した独自の素材に、味の素が有する「おいしさ設計技術」を活用してソリューション提案を行い、さらなる市場拡大と普及を目指す。

「おいしさと健康価値を両立したプラントベースドミート」として、多くの加工食品メーカーや外食店のメニューを通して生活者に届けることで、食資源代替による地球環境保護と、おいしくて健康的な食生活に貢献する、としている。

近年、家畜の飼育によって生じる環境負荷問題が世界的に顕在化していることに加え、世界的な人口増大に伴い、2030年には食肉を主とするたん白質源の供給不足に陥る可能性が示唆されており、食肉の代替としてプラントベースドミートへの注目が高まっている。また、欧米を中心に「SDGs(持続可能な開発目標)」を背景とした環境保護の意識が醸成されており、市場が急拡大している。日本国内においてもプラントベースドミート製品の開発、発売が進み、複数のスタートアップ企業が同市場に新規参入しており、今後も市場拡大が見込まれている。

「食品と開発」7月号では「新しい植物たん白製品の開発」として特集企画を行っています。
特集タイトルはこちらから
https://www.kenko-media.com/food_devlp/archives/4375

関連記事

  1. 知っておくべき耐候性試験と色評価の基礎
    エックスライト&…
  2. DHA・EPA協議会 第19回公開講演会を10/25に開催
  3. 龍泉堂、第1回学術セミナーを開催-代替医療の話題や同社素材の紹介…
  4. ATP・迅速検査研究会オンラインセミナー「コロナ禍の衛生管理」配…
  5. 穀類由来の食物繊維が、食物繊維摂取量増加の鍵
     ―小麦ブ…
  6. キユーピータマゴとカナエフーズが12月に合併
  7. 清水化学、ベータアラニン・サプリメントを上市
  8. 「栄養障害の二重負荷」を解決するために―林原ライフセミナー 3月…

おすすめリンク先

PAGE TOP