食品素材の記事

三栄源エフ・エフ・アイ、原料由来の臭いと戻り臭を大幅低減した赤ダイコン色素製剤を上市

三栄源エフ・エフ・アイは、長年の課題であった赤ダイコン色素特有の臭いを抑え、継時的な戻り臭も発生しない、赤ダイコン色素の新製剤「アートレッド®RD」を上市した。

国産原料の選別から製剤化に至るまで、同社独自の技術を駆使した製品で、液体タイプ(10%E値色価120)と粉末タイプ(同500)の2アイテムを用意する。飲料をはじめ、キャンディ、グミ、ゼリーなど、ベリーやチェリーのイメージに近い幅広い酸性食品に使用することができる。日本市場での紹介を皮切りに、ナチュラル志向の進む海外市場も視野に入れ、市場開拓をしていく。

赤ダイコン色素は、アブラナ科ダイコン(RaphanussativusL.)の赤紫の根より得られるアントシアニン系の水溶性色素。特徴的な黄みの強い明るい赤色調が評価される一方、原料由来の臭いや経時的な戻り臭(ダイコン由来のオフフレーバー)がネックとなって用途が限定されてきた経緯もあり、各製剤メーカーが改良に取り組んできた。

今回上市した「アートレッド®RD」および「粉末アートレッド®RD」は、こうした課題をクリアした製剤で、同社従来品「ベジタレッドAD」と比較して、臭い成分の合計濃度(メチルメルカプタン、ジメチルジスルフィド、ジメチルトリスルフィドの合計量)を約1/150に低減することに成功。さらに、加熱保管後(50℃、5日間)の戻り臭については、従来品と比較して、約1/235と大幅に低減したことを確認している。

製品の賞味期限は液体タイプで1年、粉末タイプは2年に設定。Kosher、Halalに対応することも可能である。同社では、赤ダイコン色素をはじめ、エルダーベリー色素、紫コーン色素、ブドウ果汁色素、紫イモ色素、赤キャベツ色素など酸性食品の赤黄色~赤紫色に利用できる多彩な品揃えをしており、顧客の要望に幅広く対応していく考え。ナチュラル志向の進む欧米市場をはじめ、海外展開にも期待がかかる。

アントシアニン系色素の比較(pH3.0)

左から、赤ダイコン色素、エルダーベリー色素、紫コーン色素、ブドウ果汁色素、紫イモ色素、赤キャベツ色素

 

 

関連記事

  1. アジアで伸長するコスクラ社のイヌリンとエンドウ豆たん白
  2. BGG Japan、ノコギリヤシエキスを年内に供給開始予定
  3. 抗アレルギー作用で知られる柑橘「じゃばら」が、抽出物の登場で加工…
  4. 酒石酸相場が高騰 欧州ブドウ2年連続の不作の懸念が強まる
  5. 肌のシワ、梁改善機能をもつ発酵ハニーブッシュ発売
  6. ノコギリヤシのブレンド品を見分ける検証法を論文発表
  7. 睡眠改善機能をもつカジメ抽出物
  8. 三菱ガス化学のBioPQQ™が新規食品(Novel Food)と…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP