食品素材の記事

イングレディオンのレジスタントスターチ2品、ゼロキロカロリーと認定

イングレディオンが展開するレジスタントスターチ製品のうち、タピオカ由来の「ノベロース3490」と馬鈴薯由来の「バーサファイブ1490」の2品について、食物繊維画分がいずれも0kcalであるということが、このたび一般社団法人日本食物繊維学会により認定された。製品としては「バーサファイブ1490」が0kcal/g、「ノベロース3490」が0.5kcal/g。

食物繊維の熱量は一般的に2kcal/gとされているが、臨床試験結果および日本食物繊維学会での評価により0kcal/gであることが認定される。上記2品の食物繊維画分はこれまで2kcal/gであったが、今回の認定により今後は0kcal/gで栄養計算することが可能となった。

これまで上記2品は主に低糖質素材として提案していたが、カロリーオフ素材としても利用できることとなり、低糖質とカロリーオフの両方を訴求した食品開発も可能になった。

関連記事

  1. 日本人女性による試験で便秘や肌状態の改善結果を得た「乳酸菌20種…
  2. 結晶セルロース 消費者庁、グリーンコープ連合に景表法違反で措置命令
  3. ミニブック発行で「トレハ」の和食での利用を推進
  4. 風味に優れた透明飲料向けのホエイたん白と濃縮ミセラカゼイン
  5. キミカ、CMCブランドを立ち上げ
  6. 葛の花由来イソフラボンが「エネルギー消費を高める」旨のSRで機能…
  7. ネイチャーライフ、じゃばらやシークワーサーからの機能性素材を研究…
  8. むずむず脚症候群に対応した大麦エキス発酵物

おすすめリンク先

PAGE TOP