食品素材の記事

イングレディオンのレジスタントスターチ2品、ゼロキロカロリーと認定

イングレディオンが展開するレジスタントスターチ製品のうち、タピオカ由来の「ノベロース3490」と馬鈴薯由来の「バーサファイブ1490」の2品について、食物繊維画分がいずれも0kcalであるということが、このたび一般社団法人日本食物繊維学会により認定された。製品としては「バーサファイブ1490」が0kcal/g、「ノベロース3490」が0.5kcal/g。

食物繊維の熱量は一般的に2kcal/gとされているが、臨床試験結果および日本食物繊維学会での評価により0kcal/gであることが認定される。上記2品の食物繊維画分はこれまで2kcal/gであったが、今回の認定により今後は0kcal/gで栄養計算することが可能となった。

これまで上記2品は主に低糖質素材として提案していたが、カロリーオフ素材としても利用できることとなり、低糖質とカロリーオフの両方を訴求した食品開発も可能になった。

関連記事

  1. 風味に優れた透明飲料向けのホエイたん白と濃縮ミセラカゼイン
  2. 卵殻膜ペプチドNEM®の変形性膝関節症に対する有効性の論文が学術…
  3. 体内吸収性の高いリポソーム型新素材を上市
  4. 注目の4素材について講演―食品新素材研究会
  5. ラクトフェリン玉不足問題、長期化へ
    アジア・米国市場への対…
  6. 加熱調理できる高濃度DHA/EPAパウダーを本格販売
  7. セティ、乳酸菌「LGG®」をサプリメント用に提供開始
  8. BASFジャパン、体内の吸収量を大幅に高めた新ルテイン製剤上市

お問い合わせ

毎月1日発行
  年間購読料 31,020円(税込)
      1冊 3,300円(税込)

おすすめリンク先

PAGE TOP