食品素材の記事

イングレディオンのレジスタントスターチ2品、ゼロキロカロリーと認定

イングレディオンが展開するレジスタントスターチ製品のうち、タピオカ由来の「ノベロース3490」と馬鈴薯由来の「バーサファイブ1490」の2品について、食物繊維画分がいずれも0kcalであるということが、このたび一般社団法人日本食物繊維学会により認定された。製品としては「バーサファイブ1490」が0kcal/g、「ノベロース3490」が0.5kcal/g。

食物繊維の熱量は一般的に2kcal/gとされているが、臨床試験結果および日本食物繊維学会での評価により0kcal/gであることが認定される。上記2品の食物繊維画分はこれまで2kcal/gであったが、今回の認定により今後は0kcal/gで栄養計算することが可能となった。

これまで上記2品は主に低糖質素材として提案していたが、カロリーオフ素材としても利用できることとなり、低糖質とカロリーオフの両方を訴求した食品開発も可能になった。

関連記事

  1. 乳化力を有する植物オイル「オーツ麦オイル」を乳化剤代替に提案
  2. セティ、オーラルケアで注目のロイテリ菌を新発売
  3. 「小林HMBCa」、原材料としてインフォームド・チョイス認証を取…
  4. 太陽化学、モリンガ種子抽出物の抗疲労効果を検証
  5. サンエフ、マコモ抽出物を“飲む抗しわ素材”として提案
  6. サンブライト、ε-ビニフェリン高含有のレスベラトロール上市
  7. 風味にこだわった卵白素材を新発売
  8. 三菱商事ライフサイエンス、トルラ酵母の食後血糖および血中中性脂肪…

おすすめリンク先

PAGE TOP