食品素材の記事

イングレディオンのレジスタントスターチ2品、ゼロキロカロリーと認定

イングレディオンが展開するレジスタントスターチ製品のうち、タピオカ由来の「ノベロース3490」と馬鈴薯由来の「バーサファイブ1490」の2品について、食物繊維画分がいずれも0kcalであるということが、このたび一般社団法人日本食物繊維学会により認定された。製品としては「バーサファイブ1490」が0kcal/g、「ノベロース3490」が0.5kcal/g。

食物繊維の熱量は一般的に2kcal/gとされているが、臨床試験結果および日本食物繊維学会での評価により0kcal/gであることが認定される。上記2品の食物繊維画分はこれまで2kcal/gであったが、今回の認定により今後は0kcal/gで栄養計算することが可能となった。

これまで上記2品は主に低糖質素材として提案していたが、カロリーオフ素材としても利用できることとなり、低糖質とカロリーオフの両方を訴求した食品開発も可能になった。

関連記事

  1. むずむず脚症候群に対応した大麦エキス発酵物
  2. 抗炎症ペプチドをAIで特定 BASFジャパン、玄米プロテイン「P…
  3. ウエノフードテクノ、抹茶食品などの変色を抑える製剤を開発
  4. セティのβ-グルカン高含有イエスティマン セティ、免疫向け素材としてビール酵母抽出物(β-グルカン高含有)…
  5. 脂肪肝、メタボ予防に期待高まるアーティチョーク葉抽出物
  6. ケリー・ジャパン、各種由来の植物たん白・ペプチド製品、特に米ペプ…
  7. さとうきび抽出物を大豆たん白使用の代替肉もマスキング・呈味改善に…
  8. 卵殻膜ペプチドNEM®の変形性膝関節症に対する有効性の論文が学術…

おすすめリンク先

PAGE TOP