食品素材の記事

水溶性を高めたイソクエルシトリン、米国市場で本格販売を開始

太陽化学は、ケルセチン誘導体「イソクエルシトリン」の水溶性、吸収性を高めた「サンアクティブQCD」について、米国で一般的に安全と認められる食品として食品安全認証制度のGRAS(self-determined GRAS) を取得し、10月25日から28日にかけてラスベガスで開催されたSupply Side Westでの紹介を皮切りに、米国市場で本格販売を開始した。

イソクエルシトリンは、タマネギ、ブロッコリー、レタス、トマトなどの野菜類、リンゴ、ブドウ、イチゴなどの果物類、緑茶や紅茶などの茶飲料に多く含まれるケルセチン配糖体の一種で、1つのケルセチン分子に1つのグルコース分子が結合したもの。ソバに含まれる健康成分として有名なルチンもケルセチン配糖体の一種であり、イソクエルシトリンのグルコース部分に、さらにラムノースが結合したものである。

左からケルセチン、イソクエルシトリン、ルチン

ケルセチン、およびイソクエルシトリン、ルチンなどのケルセチン配糖体は、その強力な抗酸化能のため、メタボリックシンドロームの予防を含む多様かつ有益な機能を発揮することが期待されており、世界中の研究者により臨床試験を含む試験が実施され、毎年、数多くの学術論文が報告されている。日本国内だけでなく、欧米においてもケルセチンおよびルチンなどのケルセチン配糖体を配合したサプリメント製品が数多く販売されている。

しかしながら、ケルセチンやルチンの水溶性は極めて低く、体内への吸収効率も低いことが知られており、欧米で販売されているサプリメントにおいても、非常に高い摂取量(500mg~1000mg以上/摂取1回あたり)に設定されているものが多く、原料コストの面だけでなく、毎日の飲みやすさの面でも大きな課題となっていた。

同社では、独自の特許製法で、水溶性イソクエルシトリン製剤を工業的に生産することに成功。健康な成人男性を被験者としてサンアクティブQCDとケルセチンとの吸収性比較試験を実施したところ、摂取後3時間ではケルセチンの48倍、摂取後6時間の比較ではケルセチンの25倍、摂取後24時間においても、ケルセチンに対して10倍以上の吸収性が確認された。

この優れた吸収性や水溶性を生かし、従来のケルセチン、ルチンを使用したサプリメントにかわる次世代のサプリメントへの応用のほか、ケルセチンやルチンでは実現ができなかったショットドリンクタイプのサプリメントへの応用、吸収速度の速さと強力なラジカル消去能を生かし、運動パフォーマンスの向上を狙ったアスリート向け飲料や、運動時の筋肉へのダメージ軽減、筋肉疲労からの早期回復などを目的とした、即効性の高いアスリート向けサプリメントなどへの応用が期待される、としている。

今後、同社では、健康維持やスポーツパフォーマンスの向上においてサンアクティブQCDの有効性を実証する試験を実施し、新たなアプリケーション開発やスポーツニュートリション分野への展開を図ると同時に、特許技術を応用した新たなフラボノイド-シクロデキストリン製剤の開発により、国内外において新製品の展開をさらに加速していく。

関連記事

  1. アルコールと動物由来原料不使用のフレーバー
  2. テルヴィス、ベルガモットエキスをスポーツニュートリションとして提…
  3. 芽胞を発芽させてから菌数を減らす新手法の制菌剤
  4. 加工食品の増粘用途にキサンタンガムの本格展開を開始
  5. アメリカ産フレッシュブルーベリーの生産は良好に推移
  6. 中国グリシン相場高騰、価格改定急ぐ
  7. 脂肪肝、メタボ予防に期待高まるアーティチョーク葉抽出物
  8. ナノ型乳酸菌nEF®のノロウイルス感染防御作用を確認

おすすめリンク先

PAGE TOP