食品素材の記事

清水化学、顆粒タイプのグルコマンナン100%製品をラインアップ

清水化学では群馬県産のコンニャクイモ由来のグルコマンナン(水溶性食物繊維)原料を製造・販売している。多種多様な製品をラインアップする中、さらに新たにグルコマンナン100%の顆粒タイプ「レオレックスG」を発売した。

グルコマンナン粒子の大きいタイプは膨潤に時間がかかり、粒子の小さいタイプはダマになりやすいという問題を持つが、新たに発売となった「レオレックスG」はこれらの問題を解決した製品で、水に容易に分散して粘度発現することから、介護食のとろみ剤、飲料、製菓・製パン、タレ・ドレッシングなどへの応用が可能。どのような製造工程にも適用しやすい製品で、積極的な拡販を目指す。

グルコマンナンはコンニャクイモから抽出・精製される多糖類で、無味無臭、水を加えると膨潤し、粘稠性のあるゾルを形成する。他の多糖類に比べて保水力が強く、少量添加で非常に高い粘度を発現する。耐酸性・耐熱性などの安定性にも優れており、他の多糖類と併用する事で、ユニークなゲルを形成する。

同社のラインアップする製品は、高純度の「プロポールA」、易水溶性の「レオレックスRS」、速膨潤性の「レオレックスOne」、低粘度の「レオレックスLM」など多種多様で、食品の品質改良、食感改良、サプリメント、化粧品用途など、目的に応じて幅広く利用されている。

なかでも、関心の高いグルテンフリーや低糖質のパン・麺類の品質改良や食感改良向けに「レオレックスRS」や「レオレックスOne」の引き合いが増加している。小麦粉代替として米粉、大豆粉、ふすま粉などを使う際、生地がまとまらず、ぼそぼそした食感になりがちだが、グルコマンナンを添加することでグルテン代替として生地組織の骨格を形成し、まとまり感のある生地を作ることができる。

「レオレックスLM」は、これまで難しかった分子量の大きい食物繊維の多量添加を可能にし、生理活性効果も期待できる。特に飲料では適度な粘性がつき、独特な飲み心地や満足感を与えることから、粉末飲料や乳性飲料などへの採用も増えている。

関連記事

  1. リンゴンベリー種子オイルの本格提案を開始
  2. IHM、粉末タイプのプラズマローゲンを販売開始
  3. 国産の鹿角霊芝エキス末を紹介
  4. 脳機能改善作用をもつブルーベリー&グレープ混合物
  5. 沖縄産植物素材を原料とした新ブランド「Charging Plus…
  6. フラバンジェノールのテロメラーゼ活性化と、育毛作用の可能性
  7. むずむず脚症候群に対応した大麦エキス発酵物
  8. スパイスで認知症予防を考える
    ―ウコン由来ターメロン、ゴ…

おすすめリンク先

10月2日(水)~4日(金)開催
東京ビッグサイト西1・2ホール&アトリウム

PAGE TOP